さがみはら南区版 掲載号:2020年5月21日号 エリアトップへ

相模原市 コロナ対策、補正予算33億 妊婦、事業者などを支援

政治

掲載号:2020年5月21日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市議会は15日と18日に定例会第3回臨時会議を開き、新型コロナウイルス感染症対策に関わる緊急支援策などを盛り込んだ2020年度5月補正予算案を含む3議案を可決した。補正予算は一般会計で33億6千万円。

 今回の補正予算の主な柱は3つ。1つめは「更なる感染拡大防止策と医療・福祉体制の確保・充実」。市内企業と連携したフェイスシールドの作成及び介護施設等への配布などに96万3千円、感染症対策のため避難所等に必要な物品の購入に352万9千円、障害福祉サービス事業所等における消毒経費の補助として165万円を計上した。

 2つめの柱は「妊婦や子育て世帯等への支援と市民相談窓口の充実・強化」。妊婦への特別給付金(1人3万円)の支給に1億9285万7千円、児童扶養手当受給者への給付金(1人2万円)支給に1億2千万円、ひとり親家庭等へのオンライン学習支援事業に453万8千円などを計上した。妊婦への特別給付金については申請が必要で、担当課によれば、5月下旬から受付を開始するとしている。

 3つめの柱は「がんばる事業者や商店街等への支援」。国の持続化給付金の対象外となる売上の減少が30%以上かつ50%未満の小規模事業者に、10万円の「小規模事業者等臨時給付金」を支給する。対象は約9500社を想定、事務費を含め9億6652万円の予算を組んだ。さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大防止や買い物客の呼び戻しにつながる商店街等の取り組みに対して交付する「商業者団体等支援補助金」に1億3338万円を計上している。

 ほかにもGIGAスクール構想における学習用タブレットの整備費用として15億5574万円も盛り込まれた。

 財源は地方創生臨時交付金や学校情報教育推進事業補助金などの国庫支出金のほか、市の財政調整基金を活用する。
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

PCR集合検査場を開設

相模原市

PCR集合検査場を開設 社会

「ドライブスルー方式」採用

6月4日号

飛沫防止シールドを開発

市内3社

飛沫防止シールドを開発 経済

飲食店の売上回復に期待

5月28日号

ピンク色のバッタを発見

桜台小池田朔君

ピンク色のバッタを発見 社会

色彩変異が原因か

5月28日号

コロナ対策、補正予算33億

相模原市

コロナ対策、補正予算33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

「逆境に負けないために」

「逆境に負けないために」 社会

「さがプロ」がウェブで講座

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 政治

早くて5月下旬に振込

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク