さがみはら緑区版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

城山・藤野商工会 新会長に有山・野崎氏 「地元企業と連携した運営を」

経済

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena

 城山商工会と藤野商工会は5月18日と22日に城山商工会館と藤野商工会館で通常総会を開催し、それぞれ有山英次氏(67歳・(有)美装社代表取締役)と野崎保巳(やすみ)氏(62歳・(株)野崎工務店代表取締役)を新会長に選出した。両前会長の任期満了による今回の人事。会長交代は、城山は9年振り、藤野は12年振りとなる。

 城山商工会長を3期9年務めた小坂義和氏から会長を引き継いだ有山英次氏。25年間塗装工事会社で勤務の後に、1997年に原宿で独立開業した。それと同時に城山商工会に入会し、2004年に理事に就任、2006年の工業振興委員長を経て、今回会長に就任となった。

 選出後の挨拶で、圏央道相模原ICや津久井広域道路の開通を活用した地域振興の必要性を説き、「地域に根付いた会員企業やお店が活性化しないと、地域の活性化につながりません。城山商工会も地域企業やお店と手を携え、支援をしていきたいと考えています」と話した。

 藤野商工会長を4期12年務めた佐々木道他氏の後を受けた野崎保巳氏。1976年に実家の工務店に就職。藤野商工会には父親の代に55年前の商工会設立当初から入会する。自身は青年部の広報委員長、研修委員長を歴任後、2003年に理事に就任。2006年からは地域振興ビジョン推進委員会委員長として、観光振興事業で中心的な役割を果たしてきた。

 総会の挨拶で「これまで佐々木前会長が行ってきた地域振興事業や、ゆずを使った特産品開発事業を継続しつつ、更に会員の企業やお店の経営改善に皆様と連携しながら全力で取り組んでいきたい」と話していた。

城山商工会有山英次会長
城山商工会有山英次会長
藤野商工会野崎保巳会長
藤野商工会野崎保巳会長

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

統合前に「さよなら壁画」

相模原総合高校

統合前に「さよなら壁画」 教育

2023年度の再編 機に

11月11日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

最高賞に田名小PTA

SDGsアワード

最高賞に田名小PTA 社会

市内JCと市、協働で開催

11月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook