さがみはら緑区版 掲載号:2015年12月10日号
  • googleplus
  • LINE

緑のラブレター 熱いメッセージ初開封 区制5周年機に 期間定め

文化

初開封された「緑のラブレター」
初開封された「緑のラブレター」
 藤野地区にある野外巨大アート作品「緑のラブレター」。芸術が盛んな同地区のシンボルとなっているこの作品は現在、ハートによってとじられていた封が解かれ、中から「5」の文字が登場している。これは緑区制5周年を記念し、2016年3月までの期間限定で開封されたもの。同作品の封が開けられたのは1989年の完成以来、初めて。

 区制5周年を記念し、緑区が「区民に何かメッセージを送りたい」と、制作者である藤野在住の造形作家・高橋政行さんに打診。高橋さんも「緑のラブレターから何かを登場させてみたい」と以前から考えていたため快諾し、今回の開封に至った。高橋さんの提案で、あえて公に発表せずに10月から改装を始めた。少しずつ変化していく姿を疑問に思った住民たちは、藤野まちづくりセンターに問い合わせたり、実際に山に登って確認に来たりしたという。「『何だろう』と疑問に思ってもらうことで興味を持ってくれるのではと考えました」と高橋さん。先ごろ改装が完了し、夜にはライトアップもされている。

 「緑のラブレター」は、旧藤野町が高橋さんに「芸術の町としての旗揚げ」として制作を依頼し、1989年に完成。「山から人へのラブレター」として、人と自然の関わり合いを願って作られた。「完成以来、芸術の町として、活気づいた藤野。この開封で地域活性へのさらなる弾みになれば」と高橋さんは話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

橋本に防犯メジャー設置

造園技能検定に6人合格

相原高校環境緑地科

造園技能検定に6人合格

2月8日号

「相模原からボート熱を」

市内在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

市全域、一体で鳥獣対策

救急出場件数が過去最多

2017年市消防

救急出場件数が過去最多

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク