さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

相原小児童 影絵人形劇に挑戦 文化庁による事業の一環

教育

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
劇団みんわ座による影絵人形劇
劇団みんわ座による影絵人形劇

 相模原市立相原小学校(田中多輝子校長)の5年生が2月9日、「影絵人形劇団みんわ座」による影絵人形劇に参加した。これは文化庁が進めている「文化芸術による子供の育成事業」の一環で、事前に行われたワークショップで指導を受け、当日全校児童の前で披露した。

 小・中学校において、文化芸術団体による巡回公演や、芸術家による表現手法を用いたワークショップ等を実施している同事業は、子どもたちの豊かな想像力や思考力、コミュニケーション能力などを養うとともに、将来の芸術家や観客層を育成し、優れた文化芸術の振興に役立てることを目的としている。

 今回公演した同劇団は1968年に創立。同事業として全国の小学校を巡回し、大道具や人形、照明を使って多彩な影絵人形劇を披露している。今年度も同校を含み、全国で4つの小学校で実施した。

 公演に先立って1月15日に行われたワークショップでは、同校5年生71人を対象に同劇団員が演技や舞台道具の作り方などを指導。それぞれ4つの担当に分けられ、学年全員に役割が与えられた。

 当日同劇団は江戸写し絵「だるま夜話」、影絵人形劇「とべないホタル」「白いりゅう黒いりゅう」を披露。この内、児童たちは「だるま夜話」での写し絵の実演や、「白いりゅう黒いりゅう」のクライマックスにある「りゅうのパレード」などに参加した。銅羅叩きやセリフなどを担当した長谷川絢音さん(11)は「劇団員の方は気軽に話しかけてくれたり、質問にも丁寧に答えてくれました。友だちと力を合わせ、本番は一番上手くできました」と感想を述べた。

 田中校長は「5年生全員に役割を用意していただき、大変感謝しています。児童たちにとっては、素晴らしい文化芸術に生で触れることができた貴重な場。これからの自分たちの生活に生かしていってもらえると嬉しい」と話した。

児童たちが出演した「りゅうのパレード」
児童たちが出演した「りゅうのパレード」

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

「景観形成重点地区」に指定

市役所前さくら通り

「景観形成重点地区」に指定 社会

来街者が集う憩いの場へ

5月27日号

若手の発想で課題解決

相模原市

若手の発想で課題解決 社会

中山間地域の可能性模索

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter