さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月20日号 エリアトップへ

大沢中出身西山さん 2千m障害で全国優勝 「来年はインターハイへ」

スポーツ

掲載号:2016年10月20日号

  • LINE
  • hatena
加山市長から称賛の楯を受け取る西山さん(左)
加山市長から称賛の楯を受け取る西山さん(左)

 大沢中学校卒業生の西山未奈美(まなみ)さん(白鵬女子高校2年)が、この夏に行われた「第4回全国高等学校陸上競技選抜大会」女子2000m障害物で全国優勝を果たし10月12日、市役所を訪れて加山俊夫市長に優勝報告を行った。西山さんは「優勝出来て嬉しい。来年は1500mでインターハイ出場を目指したい」と話した。

 この選抜大会は女子の棒高跳や三段跳、ハンマー投など、インターハイでは実施されていないオリンピック種目の普及・強化を図る大会。他種目からの参加者も多く、主催の日本陸上競技連盟が定めた記録に到達した幅広い競技分野の強豪選手が集まっている。

 今年は8月27・28日に大阪府のヤンマーフィールド長居で開催した。西山さんは、普段は1500mと3000mの中距離が本業。監督の勧めもあり、昨年も同大会に同じ種目で出場したが、転倒もあり7位入賞だった。今回は「正直優勝出来るとは思わなかった」と謙遜するが、170cmの長身を活かした長いストライドで後続の追撃を1秒10振り切り、6分50秒20の好タイムで優勝した。

 西山さんは、大沢中時代は無名選手だったが、陸上の県内屈指の強豪である白鵬女子高に憧れ、直接同校の監督を訪ねて入部を嘆願して進学した。入部後は毎朝4時に起きて、朝練を行うなど練習を重ね、1年半余りでその才能は開花。インターハイへの出場こそならなったが全国レベルの選手に育っていった。

 12日は、母親とともに市役所を訪問。体育協会の森田会長、陸上競技協会の神藤会長も同席する中、西山さんは「昨年のこともあり、最初は優勝など考えられなかったが、実際にフィールドに立つと負けたくないという気持ちが強くなりました。実際に優勝出来て嬉しいです」と報告。これを受け加山市長は「すばらしい活躍は、若い人の励みになります。次の目標に頑張って頂くとともに、練習を重ねてぜひとも東京オリンピックに出てもらいたい」とエールを送っていた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「移動式」子ども食堂開始

相模原市

「移動式」子ども食堂開始 社会

食事支援 出張で弁当配布

6月4日号

PCR集合検査場を開設

相模原市

PCR集合検査場を開設 社会

「ドライブスルー方式」採用

6月4日号

子の笑顔 オンラインでも

新型コロナウイルス

子の笑顔 オンラインでも 教育

幼稚園も試行錯誤

5月28日号

54年の歴史に幕

津久井RC

54年の歴史に幕 経済

経済、教育 地域発展に寄与

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

【Web限定記事】 相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

手作りマスクに社会意義

【Web限定記事】小規模多機能ホーム「ななかまど」

手作りマスクに社会意義 社会

利用者らが300枚販売

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク