さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

市内在住荒川鐡太郎さん 「相模原からボート熱を」 ʼ64東京五輪コーチが語る

社会

1964年の東京オリンピック時の写真を手に、笑顔を見せる荒川さん
1964年の東京オリンピック時の写真を手に、笑顔を見せる荒川さん
 カナダ代表ボートチームが東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、相模湖で事前キャンプを行うことが決定した。相模原市も歓迎ムード一色となっているなか、その報道を誰よりも嬉しく思っている人がいる。1月に87歳を迎えた南区相模大野在住の荒川鐵太郎(てつたろう)さん。若い頃から日本代表ボートチームに携わり、1964年の東京五輪はアシスタントコーチ、76年のモントリオール五輪ではヘッドコーチを務めたボート界の「レジェンド」だ。

 東京で生まれた荒川さんは、小学生の時に第二次世界大戦が開戦。空襲により生家が全焼するなど、辛い少年時代を過ごした。終戦を迎えたのは14歳、東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校)在学中の時。「ようやく自由に過ごせる…」、それが終戦を迎えての感想だった。

 ボートを始めたのは、それから程なくして。「色々な部活の中で、ボートが一番自由で不良っぽかったから」と笑う。練習は厳しかったが、次第に「漕ぐ楽しさ」に魅了され、勉強とボートを両立するため、第一高等学校(のちの東京大学)に進学。猛練習に励み、1年時からボート部の代表選手として活躍した。卒業後は選手に区切りをつけ、三菱化成(株)(現・三菱ケミカル)に就職。しかし、経験を買われ母校・東大ボート部コーチに任命される。「働きながら、週末は全てコーチ業にあてていました」と荒川さんは苦笑する。

 そんな中で近づいてきた東京五輪。国を挙げての祭典に、代表チームコーチとして要請を受けた。それまでは、国内の強豪大学が単独で出場していたが、東京五輪では初めて各大学から有力選手を集め、選抜チームが結成された。「選手たちもよくやってくれたが、1年間の準備期間は短かったかな」。決勝進出を逃した大会をそう振り返る。

 その後も日本ボート協会理事として、競技の振興に尽力。モントリオール五輪では、ヘッドコーチとして大会に挑んだ。

 今回、カナダが合宿を行う相模湖は、モントリオール五輪の際も使用していた練習場。「新たに脚光を浴びるのは何よりも嬉しい」と語る荒川さん。「キャンプ地として整備され、多くの人が使用できる施設になれば。相模原からボート熱を広げるため、微力ながら手伝いたいね」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

山岳写真展 60年を回顧

藤野在住三宅修氏

山岳写真展 60年を回顧

5月17日号

芸術道具の供養塚を建立

県内の芸道者

芸術道具の供養塚を建立

5月17日号

担い手不足解消を

(仮称)介護人材センター

担い手不足解消を

5月10日号

3年ぶりに人情村芝居

青野原

3年ぶりに人情村芝居

5月10日号

県内初の同日試合

SC相模原 ノジマステラ

県内初の同日試合

5月3日号

「切れ目のない支援」へ全力

市こども若者未来局

「切れ目のない支援」へ全力

5月3日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク