さがみはら緑区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

公示地価 橋本の上昇目立つ 開発の影響気にする声も

経済

商業地で最も高い上昇率となった橋本2丁目付近
商業地で最も高い上昇率となった橋本2丁目付近
 国土交通省が3月27日に発表した2018年の地価調査(公示地価)によれば、市内3区の内、平均変動率で緑区が住宅地、商業地とも最も高い上昇率を見せた。また、個別の変動率でも、住宅・商業地とも市内上位3地点をともに橋本地区が占めた。近年続く橋本地区の地価の上昇について、地元住民からは、歓迎の声がある一方、「固定資産税の上昇や開発に対する不安」など、心配の声も聞かれる。

 相模原市内の住宅地の変動率は、市平均プラス0・8%に対して、緑区はプラス1・4%(中央区プラス0・2%、南区プラス0・8%)。不動産鑑定士の鈴木元氏((有)鈴木げん不動産鑑定所)によると「橋本地区は大きく上昇しつつも、旧津久井郡の一部で下落が継続していることから、緑区全体ではこの値となった」と分析した。橋本地区に加え、二本松地区なども上昇しており、旧津久井郡でも、交通の便の良い国道413号沿いの地区は、横ばいないし、やや上昇という結果となった。

 個別地点の変動率でも、上位3カ所は橋本地区が占め、プラス7%程度上昇した。この傾向は近年顕著にみられ、上昇率1位となった橋本6丁目付近は、6年連続の上昇。中でも2016年からは3年連続でプラス5%以上の伸びをみせるなど、高い上昇となっている。鈴木氏によると「橋本地区は、以前からターミナル駅としての立地の良さや商圏の充実などから、地価上昇の要因が強かったが、近年はリニア駅設置など、将来への発展的期待感や橋本への認知度の向上などが高い上昇率につながっている」と話す。

商業地は駅南口側で顕著な上昇率

 商業地の変動率は、市平均プラス1・5%に対して、緑区はプラス3・3%(中央区プラス0・4%、南区プラス1・0%)。商業地でも変動率上位3地区は、橋本地区が占めた。中でもリニアによる再開発が予定される橋本2丁目10の24地点は最も高い上昇率となり、プラス10・9%となった。この上昇は、住宅地と同様の理由が考えられるが、鈴木氏は「橋本地区の中でも、リニア駅設置により再開発が進む駅南口地区が、北口地区よりも高い伸び率となっている点が目立っています」と分析する。

 この結果に対して、駅北口の橋本6丁目に住む笹野稔さんは「商業地は上昇が顕著なのは駅南口方面。北口方面は開発が進まなければ将来的には衰退していくことも考えられる。(今南口にある)京王線が北口に入り込んでくれると、北口も活性化するのだが」と話し、商業地で最も高い上昇を見せる橋本2丁目で約60年続く文具・事務用品店を営む亀山謙治さんは「立地としては良い場所だが、固定資産税の上昇や周囲の急激な変化の中、将来が見通せない。国道16号から駅につながる道路の整備など、環境がどう変わるのかに関心がある」と開発による影響を気にかけていた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

空手の全国大会で大活躍

藤野小中村兄妹

空手の全国大会で大活躍

9月13日号

リーグ再開 優勝めざす

ノジマステラ神奈川相模原

リーグ再開 優勝めざす

9月6日号

4選へ 出馬を表明

加山俊夫相模原市長

4選へ 出馬を表明

9月6日号

危険ブロック塀の対策も

市9月補正予算案

危険ブロック塀の対策も

8月30日号

地ビールで「藤野を知って」

コース決定、市内走行へ

東京五輪ロードレース

コース決定、市内走行へ

8月23日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク