さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

相模湖漕艇場 2千mにコース延長 利用増で地域振興へ期待

スポーツ

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena

 県立相模湖漕艇場(与瀬)のボートコース改修工事がこのほど完了し、従来の1000mから2000mへと距離が延長した。同漕艇場が2020年東京オリンピック・パラリンピックでカナダボートチームの事前キャンプ地に決まったことから、地元の要望などにより実現したもの。世界の主流である2000mコースの会場が近隣には少なく、「全国規模の大会が誘致できるほか、世界を目指す大学や実業団の合宿の利用なども増え、地域振興につながる」と関係者は期待する。

 相模湖漕艇場は、1955年に行われた「第10 回神奈川国体」の漕艇競技会場として開場。64年の東京オリンピックではカヌー競技の会場として使用された。98年の「かながわ・ゆめ国体」の漕艇競技会場となった際に再整備が行われ、94年に管理棟・艇庫が、97年に国体用の1000mコースがそれぞれ完成している。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの事前キャンプ地の誘致が成功し、昨年1月、カナダボートチームが相模湖を事前キャンプ地とすることが決まった。さらに、パラリンピック日本代表チームが相模湖で事前合宿を行うことになったことから、県は2000mへコース距離を延長することを決定。昨年9月から改修工事を行っていた。

 日本ボート協会は、同協会が定めるコース規格規定に基づき、国際大会を開催できる「A級コース」、国内全国規模大会を開催する「B級コース」、地域大会レベルを開催する「C級コース」と3階級に分けてコース認定をしている。現在、相模湖漕艇場はC級コースの認定を受けている。

 今回の改修では、1000mから2000mにコースを延ばすため、スタート位置は変わらないものの、コースの向きを変え、ゴール位置を変更。それに伴い、高さ約5mの決勝審判員席、同6mの発艇員席、同1・5mの線審員席、同3mの中間判定員席を新たに設置した。この改修で県は、同ボート協会にB級コースを申請している。認定されれば、全国規模の大会も開催できるようになるという。

 さらに、ボート競技の世界での大会は、1000mが多い国内と違い、ほとんどが2000mで行われている。2000mコースは関東近隣に極めて少ないため、今後は大会の開催ばかりでなく、首都圏から1時間以内と交通の便が良いことからも大学や実業団など、世界の舞台を目指す選手たちの合宿や練習の舞台に利用されることが想定され、地域振興に一役買うことが期待されている。県は、「今後、多くの方に様々な形で相模湖漕艇場を利用していただけるよう取り組んでいきたい」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原で19年ぶり大相撲

相模原で19年ぶり大相撲 スポーツ

10月に秋巡業開催

5月23日号

根小屋企業、市で唯一登録

根小屋企業、市で唯一登録 経済

「森林保全に貢献」認められ

5月23日号

「ぐるっと」節目の20回

藤野陶器市

「ぐるっと」節目の20回 文化

芸術と自然楽しむ2日間

5月16日号

あの日、陛下は石老山へ

あの日、陛下は石老山へ 社会

関係者語る 相模原の登山

5月1日号

新たな時代「令和」が舞う

新たな時代「令和」が舞う 文化

5月4日・5日 相模の大凧まつり

5月1日号

「戦車闘争」を映画化へ

「戦車闘争」を映画化へ 社会

大規模運動の本質に迫る

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク