さがみはら緑区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

黒岩県知事 "共生社会へ"アリオ訪問 「障がい理解研修」を視察

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
アイマスクをして商品説明を受ける黒岩知事=1日
アイマスクをして商品説明を受ける黒岩知事=1日

 黒岩祐治県知事は7月1日、県議会と共同で策定した「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念普及に取り組む現場として、アリオ橋本を訪問し、運営会社である(株)セブン&アイ・ホールディングスが実施する「障がい理解研修」を視察した。津久井やまゆり園の事件発生からまもなく3年。共生社会の実現に向けた県の取り組みが、企業との連携を通じても進められている。

 この視察は、黒岩知事が2011年度の就任当初から実施している、“個性と魅力あふれる現場”を訪れる取り組み『黒岩祐治が行く!神奈川の現場』の一環。神奈川県と同社は今年4月に、「SDGs(持続可能な開発目標)推進に係る連携と協力に関する協定」を結んでおり、その中に共生社会の推進に関する連携事項も盛り込まれた。今回、この協定に基づき同社では、イトーヨーカドーなど県内のグループ7社の従業員を集め、県の障害者理解促進研修コーディネート事業を活用した研修を実施。それを、知事が視察する運びとなった。

 研修では障害当事者が講師を務め、従業員77人が参加。障害者に対する接客の基本やコミュニケーションの方法、障害の特性や場面に応じた配慮などの講義を聴き、実習を行った。

 視覚障害者への接客対応実習では、二人一組となり、アイマスクで目を覆った相手に対して、指定された女性用衣類の商品説明を声だけで試みた。黒岩知事も両目を隠し、ペアを組んだ女性の説明に耳を傾けた。

 この後、知事は車いす利用者の介助体験にも参加。机を並べて設置した狭い通路や段差を実際に車いすに座って体感した。研修に参加して知事は、「目の見えない人に商品を説明するというのは難しい。(相手が)女性か男性かでも違う表現をしないと伝わらない。普段から練習することによって、そういうことがわかってくる。障害者の立場でものを考えるという訓練が、非常に重要なことだと感じた。憲章を広く普及させようとしている中で、それに共感してくださり、このような研修につながったというのは、とてもうれしい」と話していた。

 県内グループ7社が共同で研修を行ったのは、同社でも初めてのことだという。同社は、「今回、知事に視察および研修にご参加いただいたことで、神奈川県とセブン&アイのノーマライゼーションの取り組みが良いスタートを切れた。神奈川県をより住みやすい地域にするために、接客を通じて地域の皆様の暮らしを支えてまいります」とコメントした。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市民向け初の運転体験会

鉄道模型サークル

市民向け初の運転体験会 文化

Nゲージの楽しさを周知

10月17日号

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

元世界王者にTKO勝ち

プロボクサー中谷潤人選手

元世界王者にTKO勝ち スポーツ

タイトルへ 「前哨戦」を圧倒

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

商品化で普及に一役

津久井在来大豆

商品化で普及に一役 経済

商工会女性部が新委員会

10月3日号

同性カップル公的承認へ

相模原市

同性カップル公的承認へ 社会

パートナー制度、意見募集

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク