さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

「酒蔵×学生」 梅酒が完成 14日から相模大野で販売

社会

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
できあがった梅酒を手にする学生たち=9月6日、久保田酒造
できあがった梅酒を手にする学生たち=9月6日、久保田酒造

 根小屋の蔵元「久保田酒造(株)」(久保田徹社長)と、南区にある相模女子大学・相模女子大学短期大学部の学生が産学連携で進めている梅酒の瓶詰めとラベル貼り作業が9月6日、同社で行われた。

 両者は大学構内にある梅の木から収穫した実を使ったオリジナル梅酒『翠想』の製造を2015年から連携して行っている。

 この日は学生11人が酒蔵に集まり、貯蔵タンクから梅酒を瓶詰め。その後、自分たちでデザインしたラベルを1枚1枚丁寧に貼りつけ、316本の梅酒を完成させた。

 同大4年の山田彩乃さんは「去年は漬け込みまでしか関われなかった。今年は全工程に参加し達成感がある」、同じく4年の関根小梅さんは「自分たちが苦労して造ったものが世の中に出回ることは感慨深い」と話し、「家族や友人と味わいたい」と声を揃えた。同社の久保田社長は「日本酒で仕込んでいるのが最大の特徴。毎年配合を微妙に変えているが、今年はさっぱりとして飲みやすく、とてもおいしくできた」と太鼓判を押した。

 梅酒は9月14日(土)から南区のボーノ相模大野2階にある「sagamix」で、1本2160円(720ミリリットル)で販売される。当日と翌15日(日)には試飲販売会を開催。100本を用意し、完売次第終了。問合せは市観光協会【電話】042・771・3767。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

意識的な行動が「可能性」を生む

SDGs特別座談会

意識的な行動が「可能性」を生む 社会

相模原JC宇田川理事長×さがまち学生

9月19日号

市民一つに、「まずは普及を」

インタビュー

市民一つに、「まずは普及を」 社会

市企画財政局 石井光行局長

9月19日号

不動産取引の無料相談会

不動産取引の無料相談会 社会

29日 宅建協会事務所

9月19日号

大相撲観戦券プレゼント

大相撲観戦券プレゼント スポーツ

3組6名様

9月19日号

8月豪雨、義援金受付

SIC、新棟竣工と20年祝う

SIC、新棟竣工と20年祝う 経済

「新産業実現へチャレンジ」

9月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク