さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

台風19号 市内でも猛威 緑区で死者 緊急放流も

社会

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
㊤土砂崩れで被害に遭った建物=川尻で/㊦串川グラウンドで行われた給水=いずれも14日
㊤土砂崩れで被害に遭った建物=川尻で/㊦串川グラウンドで行われた給水=いずれも14日

 東日本を中心に記録的な大雨をもたらした台風19号は、市内でも猛威を振るった。約13万世帯に避難指示・勧告が出され、各交通機関に乱れが生じた。津久井警察署によると10月14日午後4時現在、増水や土砂崩れにより緑区内で4人が死亡、3人が行方不明となっている。また貯水量急増による決壊を防ぐため、城山ダムでは初めて緊急放流が行われた。(10月14日起稿)

 市危機管理局によると台風の影響で緑区では総雨量(連続雨量)763ミリ、中央区で同390ミリ、南区で同376ミリの記録的な大雨を観測。最大瞬間風速は12日午後8時25分に25・5メートル毎秒を記録した。

 各地で停電や断水が相次いだほか、県の発表(13日午前7時12分)では市内で合わせて13万1632世帯、29万4565人に避難指示・勧告が出された。またJR横浜線や小田急線などの各線や神奈川中央交通バスが12日の昼頃から全面運休となるなど、交通網にも乱れが生じた。断水の影響で、14日には区内7カ所で市による給水活動が行われた。

 津久井警察署によると14日午後4時現在、緑区牧野では台風による土砂崩れで70代の女性が死亡。串川では増水した川に車が流され、40代の男性と30代、10代の女性の死亡が確認されたほか、両地域で合わせて3人が行方不明となっている。また13日の県の発表では、台風の影響により市内で6棟が全壊、61棟が一部破損、床上浸水4棟、床下浸水8棟などの建物被害が出た。

 川尻にある割烹・やな川の柳川孝さんは「想像以上の大雨だった。店と自宅が損壊してしまったので、当面は営業もできない」とうつむいた。

 相模川上流部の城山ダムでは台風の接近に備えて通常より水位を下げて対応していたが、貯水量が急増し決壊する危険性が出たため、初めて緊急放流が行われた。当初は12日午後5時を予定していたが、ダムへの流入量が想定を下回ったことで一時見送り、再び危険性が高まったため同9時30分から13日午前1時15分にかけて実施。水が流れ込む相模川で急激な水位の上昇の恐れがあったことから、市が地域住民に警戒を呼びかけるなどの対応にあたった。

 台風の接近を受け、市は12日午後1時30分、本村賢太郎市長を本部長とする災害対策本部を設置。各局を横断して市職員総出で対応にあたり、ピーク時は48人態勢で情報収集に努めた。同日には市で初となる災害救助法の適用が決定した。

 台風19号により緑区を中心に市内30カ所以上(14日午前7時時点)で土砂崩れや道路冠水などに伴う通行規制が行われ、完全復旧には時間を要することが予想される。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

監視哨跡地を観光の柱に

青根地域

監視哨跡地を観光の柱に 社会

展望台を生かす新構想も

8月13日号

「4つの柱」に33億円

8月補正一般会計

「4つの柱」に33億円 政治

医療や暮らしの支援継続

8月13日号

市、マスク適正着用を促進

コロナ禍の熱中症対策

市、マスク適正着用を促進 社会

ホームページ、動画で啓発

8月6日号

SDGsで再生へ

理念共有で地域を活性

SDGsで再生へ 経済

8月6日号

「最後の大会」代替開催へ

市中体連

「最後の大会」代替開催へ スポーツ

8月末から 3年の節目に

7月30日号

地元の良さを再発見

藤野商工会青年部

地元の良さを再発見 教育

子ども対象にフォトコン

7月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク