さがみはら緑区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

橋本地区有志 協同病院に「恩返し」  クラファンで寄付金募る

社会

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
支援ののぼり旗も作成、同会メンバーの店に掲げるという(右:江成代表、左:事務局の梶山さん)
支援ののぼり旗も作成、同会メンバーの店に掲げるという(右:江成代表、左:事務局の梶山さん)

 橋本地区の有志らで発足した「相模原市緑区地域医療を支える会」(江成藤吉郎代表)は、コロナ禍で奮闘する相模原協同病院(橋本/井關治和病院長)を支援するため、10月1日(木)から広く寄付を募るクラウドファンディングを開始する。事務局の梶山純さんは、「病院関係者がその病院のためにクラファンで寄付を募る例は今まであったが、市民発信でスタートするのは初めてではないか」と話す。

 1945年8月の開院以来、神奈川県北・多摩エリアの総合病院として中核的な役割を果たしてきた相模原協同病院。第二種感染症指定医療機関にも指定され、新型コロナウイルス感染拡大の最前線で患者の生命を守ってきた。

 そんな同院を支援しようと、橋本を拠点に活動する奉仕団体「相模原橋本ロータリークラブ」が橋本地区を拠点とする経済団体・市民団体に声をかけ、7月に「相模原市緑区地域医療を支える会」を発足。橋本七夕まつり実行委員会や橋本・相原二本松商店街など約10団体が賛同した。支援方法は、より多くの人に支援を呼び掛けるため、インターネット上で寄付金を募るクラウドファンディング形式を採用。募金額(3千円・1万円・3万円・5万円)に応じてリターン(返礼品)がもらえるシステムだ。

目標1500万円

 募集期間は10月1日(木)から11月30日(月)まで。より多くの地域住民の関心を集めるため、会のメンバーの店などに200本以上ののぼり旗やペナントを掲げるほか、9月28日(月)には同プロジェクトの公式HPを開設し、支援の詳細や協力を呼びかける予定だ。

 目標額は1500万円。返礼品は、現在プロジェクトメンバーが検討中。記念銘板を設置し、そこに寄付者の名前を入れる案などが挙がっているという。同会の江成代表は、「この地域の人は同院にお世話になってきた人が多い」と感謝しつつ、コロナ禍で全国的にどの病院も経営が厳しい状況になっている現状にも触れ、「地域医療を支えてきたのは相模原協同病院。こんなときこそ、今度は地域住民の手で恩返しができたら」と協力を呼び掛ける。同会事務局によると、「今年6月に都内の病院で元勤務医らによる同様のクラファンが実施されたが、今回のように市民発信でスタートするのは珍しく、初のケースでは」としている。

 同会では、クラファンと並行して、振り込みや募金箱の設置も検討している。詳細は同会事務局・梶山さん【携帯電話】090・3590・8152へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク