さがみはら緑区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

大島小 「名札」なくても大丈夫 上履き記名で名前確認

教育

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
昨年度まで使用されていた大島小の名札
昨年度まで使用されていた大島小の名札

 新学期が始まり約1カ月。大島小(大木真理校長/児童数500人)では、上履きへの記名を徹底することで児童の名前確認ができるため、今年度から名札の着用を全校的に取りやめた。

 緑区内の多くの小学校では、通学中は防犯上の観点から名札を着けず、学校に置いて登下校している。校内でのみ名札を着けるため、児童は1日に2回の着脱が必要となっていた。

 こうした中、大島小では衣類に穴が開きやすい点や低学年では着脱の煩雑さが懸念されており、数年前から名札着用の必要性について職員会議で検討してきた。大木校長は「ルールを見直し、他の方法で名前が確認できるなら既存の方法にこだわらなくてもいいのでは、という結論に至った」と説明する。現在は名札の代わりに上履きへの記名を徹底しており、今のところ保護者からの問合わせはないという。

 区内の小学校・義務教育学校に電話取材したところ、全26校中全校的に名札を着用していない学校は大島小を加えて計12校(4月23日現在)。理由はさまざまで、「児童数が少なく名札がなくても名前がわかる」「登下校時に外し忘れなどがあるため」など。他に「小1だけは名前を覚える意味で着用させている」という学校もあった。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

角田選手を応援しよう

F1レーサー

角田選手を応援しよう 社会

地元有志がサイト立ち上げ

6月17日号

市役所前で献血活動支援

市役所前で献血活動支援 文化

24日 宅建協会相模北

6月17日号

親しみやすい「愛称」募集

親しみやすい「愛称」募集 文化

市立環境情報センター

6月17日号

保育人材確保へ施策推進

保育人材確保へ施策推進 教育

市、独自の助成など

6月17日号

児童虐待の相談「増加」

児童虐待の相談「増加」 教育

社会的関心の高まりも

6月17日号

10個人1団体を表彰

10個人1団体を表彰 社会

2020年度 優良農業者

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter