さがみはら緑区版 掲載号:2021年7月8日号 エリアトップへ

相模原に聖火 希望つなぐ ランナー約80人が参加

社会

掲載号:2021年7月8日号

  • LINE
  • hatena
代替イベント2日目の最終ランナーとして聖火皿に点火させた、市内在住でJAXA勤務の月崎さん=6月29日、橋本公園
代替イベント2日目の最終ランナーとして聖火皿に点火させた、市内在住でJAXA勤務の月崎さん=6月29日、橋本公園

 東京五輪聖火リレーの公道走行の中止に伴い、セレブレーション会場である橋本公園で6月29日に代替イベントとして点火セレモニーが行われ、県選出などのランナーたちによって相模原で初めて聖火がつながれた。イベントは関係者のみの無観客開催だったが、ランナーたちはトーチキスで互いにポーズを決め、会場はたくさんの笑顔であふれた。

月崎さん「相模原代表」胸に

 代替イベントは横浜市、藤沢市を含め3カ所で行われ、相模原市は2日目の会場となった。三浦市・横須賀市・鎌倉市・海老名市・厚木市に相模原市を加えた6市のおよそ80人のランナーが参加。トーチで聖火をつなぐトーチキスを行った後、2人1組で思い思いにポーズを披露する形式で進行した。中にはポーズの際に掛け声を上げて気合いを見せるランナーも見受けられた。

安全開催に願いを込めて

 相模原市のランナーはリレーの最後に登場。県選出の4人にスポンサー枠を加えた18人が、本村賢太郎市長、黒岩祐治県知事らが出席する中、イベントの最後を飾る聖火皿への点火は、小惑星探査機はやぶさ・はやぶさ2のイオンエンジンの開発に携わった、市内在住でJAXA宇宙科学研究所の月崎竜童さんが務めた。聖火を受け取った月崎さんはトーチを聖火皿に向け、静かに火がともされると会場からは拍手が沸き起こった。

 イベント後、月崎さんは津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネージャからの推薦によって今回の参加が実現したことに感謝の気持ちを示し、「JAXA、そして相模原の代表として臨んだ」と胸中を明かした。その上で、つながれたトーチからの熱量に、「いよいよ五輪が来たんだと実感した」と興奮気味に話した。コロナによる困難な状況の中で、「五輪を日本に任せて本当に良かったと世界に思ってもらえるように頑張りたいと思った」と心境を語り、「後で振り返ったときに、五輪が安全に開催され、日本のアピールにもなったと両方が伴っていればうれしい」と願いを込めた。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

地域文化を支え20年

杜のホールはしもと

地域文化を支え20年 文化

「橋本とともに発展を」

9月23日号

「皆で勝ち取った金メダル」

パラ・伴走者青山由佳さん

「皆で勝ち取った金メダル」 スポーツ

リオの経験糧に献身貫く

9月16日号

秋本博寿氏が新会長

相原二本松商店街

秋本博寿氏が新会長 社会

地元高校と商業連携も

9月16日号

県代表で東関東へ

橋本高校吹奏楽部

県代表で東関東へ 教育

コロナ下「バンドの心一つに」

9月9日号

感染症予防、経済対策に

相模原市9月補正予算案

感染症予防、経済対策に 政治

一般会計 総額約14億円

9月9日号

予約対象 12歳以上へ拡大

市内ワクチン接種状況

予約対象 12歳以上へ拡大 社会

若者世代の加速化図る

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook