神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

てぶくろの会 文科大臣表彰を受賞 「読み聞かせ」続け27年

文化

公開:2024年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
(右から)市役所を訪れた針谷孝子さん、難波恵都子代表、土地政代さんと鈴木教育長
(右から)市役所を訪れた針谷孝子さん、難波恵都子代表、土地政代さんと鈴木教育長

 相模原市内で読み聞かせなどの活動を長年行ってきた地域の主婦によるボランティア団体「てぶくろの会」が、子供の読書活動優秀実践団体として文部科学大臣表彰を受賞した。難波恵都子代表らは5月16日に市役所を訪れて市教育長に受賞を報告した。

 文科省では子どもの読書活動推進を目的に、特色のある優れた活動を実践している学校・園、図書館、団体・個人に対し大臣表彰を行っている。今年度は全国で263の学校・園、図書館、団体・個人が表彰された。

 同会の難波恵都子代表らメンバー3人は5月16日、市役所を訪れて鈴木英之教育長に喜びを報告した。鈴木教育長は「日頃の実践が評価されたのだと思う。子どもの感性を磨くために読書や読み聞かせは大切なこと。これからも子どもたちのために活動していってほしい」と祝意を伝えた。

子どもの反応が力に

 同会は1997年に難波代表が中心となって立ち上げた。賛同する地域の主婦たちが集まり、27年間にわたって公民館や小学校などで活動。絵本の読み聞かせや「すばなし」(昔話などを身振り手振りと声だけで伝えること)を通して、子どもたちに本の世界を伝えてきた。現在は12人のメンバーが所属。夢の丘小学校(南区当麻)で低学年を対象に朝の読み聞かせやすばなしを行っているほか、麻溝公民館(南区下溝)で乳幼児向けの読み聞かせなどを行う。講習会にも積極的に参加し、技術の向上に取り組んでいる。

 難波代表は今回の表彰について「思いがけない受賞。本当にびっくり」と振り返る。長く続けてこられた理由は、聞いている子どもたちの楽しそうな表情や終わった後の「また来てね」「今日は1冊だけなの?」といった言葉だという。

 メンバーの土地政代さんは、コロナ禍に訪れたコンビニでかつて読み聞かせを聞いていたという学生に声をかけられた。その学生は同会の読み聞かせがきっかけで本を好きになったといい、現在絵本の専門学校に通っているという。「長く続けてきてよかった。本当にうれしい」と微笑む。

 同会は今後、これまでの活動を丁寧にコンスタントに続け、後輩の育成にも取り組んでいく方針。コロナ禍で読み聞かせ活動が休止している学校についても、再開の目途は立っていないものの、また復活したいと考えている。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

B級品をジュースに

ナカヤマファーム

B級品をジュースに

就農7年目、6次化に着手

7月11日

美化活動で環境大臣表彰

橋本本町ときわ会

美化活動で環境大臣表彰

地域の意識向上に寄与

7月11日

地域安全で協定

JCOM市自治連

地域安全で協定

防犯カメラ設置に後押し

7月4日

今年末で廃止、集約へ

橋本パスポートセンター

今年末で廃止、集約へ

行財政構造改革の一環で

7月4日

認知症支援拠点を開設

相模原市

認知症支援拠点を開設

コーディネーターを配置

6月27日

高校生が意見出し合う

緑区区民会議

高校生が意見出し合う

「若者の意見を」と初開催

6月27日

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

7月13日 SC相模原のホームゲームで啓発活動を実施(問)相模原市生活福祉課042-851-3170

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/

相模原で30年。

あなたの心を満たす明るい未来をイメージしながら 暮らしの中の「あったらいい」をカタチにしています

https://www.thirty-four.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook