町田版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

認知症の理解を広める 「つながりの開」で交流会

社会

バーベキューを楽しむ皆さん(提供写真)
バーベキューを楽しむ皆さん(提供写真)

 認知症本人やその家族、サポーターなどで組織する「つながりの開」(前田隆行代表=人物風土記で紹介)の交流会が19日、能ケ谷町で行なわれた。

 当日は50人ほどが参加し、バーベキューなど認知症本人も調理しながら楽しい時間を過ごした。

 家族の皆さんからは「また、やって欲しい。とっても楽しく一緒に過ごせたことが本当に嬉しい」と話していた。

 「つながりの開」は認知症でも安心して暮らせるために結成した会で、様ざまな活動をしている。前田代表は「認知症になると施設も限られ、病気になっても受け入れてくれる病院も少ない。認知症の問題は家族が抱えてしまい、表にでることが少ないが、患者さんもその家族も安心して、今までも変わらない生活ができるように多くの人に認知症への理解を深めてもらい、市民、地域、行政の力で受け入れられる社会を作っていきたい」と話している。

 今後は、模擬的に認知症の人が町を徘徊している設定を作り、市民がどの様に対応すればいいのかを知ってもらう活動や、小学生に認知症のことを知ってもらう勉強会などを開催していくという。「認知症は誰にでも可能性がある。その時のために安心して暮らせる町を町田から全国へ発信できれば」と前田代表。
 

町田版のローカルニュース最新6件

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

春季囲碁大会

春季囲碁大会

3月25日(日)正午スタート(11時半受付)

3月25日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク