町田版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

三橋國民氏 戦後70年 『魂の叫び』形に 勝楽寺にモニュメント建立

文化

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
除幕式が執り行われた
除幕式が執り行われた

 『おーい どうしてる 南の島で土くれと化した僚友たちに 呼びかけてみる』

 原町田の三寶山勝楽寺(茂田真澄住職)に5月15日、新しいモニュメントが建立された。冒頭のことばが、高さ約1m50cm、横幅2m50cmの黒御影石に記されている。

 これは同寺の総代であり著名な造形作家の三橋國民氏の作品。三橋氏は同寺を始め市内各地にモニュメントを設立し、町田市の名誉市民、東京都の名誉都民に選出されている。また、同寺の納骨堂「釈迦堂」には同氏の「鎮魂記念館」が併設されており、同氏の戦争観を伝えている。

 今回建立された「鎮魂の碑」は、ニューギニア戦線で九死に一生を得た同氏が、帰って来られなかった多くの同僚たちに向け、終戦後70年経っても消えない思いを形にしたもの。

 当日の除幕式では、列席した市長や議長、文化協会や遺族会の関係者など約30人に向けて、石碑に込めた思いを語った。「一緒に小学校を卒業した60人の同級生たちの中で終戦後、町田に還ってきたのは数名しかいなかった。ニューギニア戦線では、自分自身もひどいところで木の根を食べてなんとか生き延びてきたが、今はすごく恵まれている。何かの形で彼らを慰められる石碑を建てたいと考えていた。忘れてはいけない思いを、多くの人に伝えられれば」と話していた。
 

石碑の前で思いを語る三橋國民氏
石碑の前で思いを語る三橋國民氏

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6

「困窮者支援に役立てたい」

「困窮者支援に役立てたい」 社会

スーパーが市社協に寄付金贈呈

6月30日号

町田JCウクライナへ救援金

町田JCウクライナへ救援金 社会

50万円を市通じ赤十字へ

6月30日号

「文化こそ心の養生」

市文協

「文化こそ心の養生」 文化

落語文化に親しむ

6月30日号

下敷き配り、夢与え

下敷き配り、夢与え スポーツ

ゼルビア選手が小学校を訪問

6月30日号

慰霊の日、沖縄へ寄付

慰霊の日、沖縄へ寄付 社会

物産展「沖縄宝島」

6月30日号

生け花の祭典、3年ぶり

生け花の祭典、3年ぶり 文化

約1100人が花と語らう

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook