町田版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

熊本地震、被災者の想い ラーメン店店主「やるべきことをやる」

社会

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena

 「頭がぽーっとして何を考えればよいのかわからない」。4月14日、熊本県を中心に九州地方を襲った震度7の大地震により、現地は甚大な被害を被った。その後も断続的に大規模な余震が続き、予断を許さない状況が続いている。(4月16日起稿)

倒壊、避難

 町田駅前の熊本ラーメン店「火の国(改)」店主の大田黒順司さんは、熊本市にある実家が今回の地震で被災した。「母親は無事に避難したと連絡が来たけど、家は倒壊してしまった」。一人で店を切り盛りしながら「居ても立っても居られないという思い、母やみんなの顔を見に行きたいという思いはあるが、経験してきた中で、やみくもに向かうのは妥当ではないと判断した」と話す。

「まさか自分が」

 大田黒さんは、新潟や東日本で大震災が起こった際に、現地に炊き出しのボランティアに駆けつけ、店のラーメンや餃子を被災した人たちに配って回った。その後もたびたび被災地を訪れ、地元の商店街の活性化に協力したり、町田の店舗でもチャリティー販売などで復興支援を行ってきた。

 今回の一報を受けたとき、「被災地支援をしてきた自分が、まさか被災者になるとは」と絶句したという。「今までは支援する側に立って行動してきた。いざ自分が被災者になったとき、何をすればよいのか…」。店のお客さんのアドバイスにより募金箱を設置した。

 「今ここでやるべきことをやる」。大田黒さんは「情報を精査し、有益な行動をとりたい。被災地から離れているからこそ冷静な判断で指示ができると思う」と話す。そして「多くのお客さんや仲間たちから、心配や励ましの連絡をもらった。東北の人たちも『寝袋を送る準備ができた』など連絡をくれている。涙が出るほどうれしい」。

市内各地でも支援

 ○社協=町田市民フォーラム4階の町田市社会福祉協議会では、同会事務所受付カウンターに募金箱を設置し(=写真下)、支援を呼びかけている。義援金は中央共同募金会か熊本県共同募金会へ寄付される。

 ○コンビニ=市内各地のセブン―イレブン(59店舗)にも募金箱が設置され、店頭募金活動を実施中。募金箱は各店のレジ横に24日まで設置。義援金は被災地の支援活動に利用される。

 ○町田市=町田市は都から「応急危険度診断士」の推薦要請を受けている。2〜3人で、都から正式要請があれば九州の被災地に派遣される。DMAT(災害派遣医療チーム)も同様に準備を進めている。また市役所および各市民センターなどに義援金箱を設置し、市民へ義援金を募っている。
 

心配して連絡をくれたお客さんたちへの感謝を記した
心配して連絡をくれたお客さんたちへの感謝を記した

町田版のローカルニュース最新6

演劇部門で新人賞

町田拠点に活動

演劇部門で新人賞 文化

音楽座ミュージカルの高野(こうの)さん

3月4日号

野球場で吹き矢を

町田吹き矢健康会

野球場で吹き矢を スポーツ

新協会を設立し

3月4日号

環境への配慮を職員に意識付け

グリーン購入大賞・優秀賞

環境への配慮を職員に意識付け 社会

3月4日号

防災用品20万円分を市に寄贈

損保会社

防災用品20万円分を市に寄贈 社会

市内23障がい者施設へ分配

3月4日号

街の変化を写真で伝える

ツイッター開設10周年

街の変化を写真で伝える 経済

「変わりゆく町田の街並み」管理人に聞く

3月4日号

ゴール裏からチームを支えるぞ

【Web限定記事】FC町田ゼルビア企画

ゴール裏からチームを支えるぞ スポーツ

サポーターたちから一言メッセージ

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク