町田版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

社協 有事に備え5市で協定 災害ボラセン運営等

社会

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
町田市社協の小野会長(左)と多摩市社協の伊藤雅子会長
町田市社協の小野会長(左)と多摩市社協の伊藤雅子会長

 町田、多摩、八王子、日野、稲城5市の社会福祉協議会は10月1日、災害ボランティアセンターの運営を相互に協力し合う協定を締結した。

 災害ボラセンは、地震や風水害が発生した際に設置され、全国各地から支援に駆け付けたボランティアを被災者のニーズに応じて振り分け、派遣する役割を担う組織。各市の社協によって設置される。

 昨年10月に発生した「令和元年東日本台風」では、八王子市で浅川の増水により浸水家屋が多数発生し、八王子市社協が災害ボラセンを設置。その運営の応援として、町田、多摩、日野、稲城の社協職員が1カ月にわたり派遣された。

 地震や気候変動による風水害が多発する昨今。今後への備えとして、今回5市で災害ボラセンの運営を相互に協力し合う協定を締結。協定の内容は「災害の情報の共有」「職員の相互派遣」「資機材の提供・貸与」「市境でのボランティアの相互派遣の協力」など。体制の強化を図ることで、いざ災害が起きた際に、迅速な災害普及と被災者の支援につげることが目的だ。

 町田市社協の小野敏明会長は「町田市社協ではこれまでも、災害が起きた時には率先して募金を集めるなど、市民に貢献してきました。それが我々の大きな役目。今回、近隣市の社協で協力いただけることになり大変心強く思う。お互いに助け合っていきたい」と抱負を語った。

町田版のローカルニュース最新6

ハープとフルートの調べ

11月9日 気まぐれコンサート

ハープとフルートの調べ 文化

アンサンブル・ヴァリエ

10月22日号

着飾るシニア 表情華やか

ファッションショーのための撮影会

着飾るシニア 表情華やか 社会

おシャレの力が元気与え

10月22日号

生涯学習社会と図書館を考える

元文部科学事務次官

生涯学習社会と図書館を考える 文化

会場とオンラインで

10月22日号

駅前書店で大規模PR

「孫の日」って何だ?

駅前書店で大規模PR 文化

10月22日号

紙面の町置き増やしてます

編集室から

紙面の町置き増やしてます 文化

10月22日号

教会でギター発表会

教会でギター発表会 文化

ソロや合奏を披露

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク