町田版 掲載号:2022年5月26日号 エリアトップへ

子どもだけのまちづくり 「ミニまちだ」を初開催

社会

掲載号:2022年5月26日号

  • LINE
  • hatena
成瀬会館の前でチラシを手にする熊切さん
成瀬会館の前でチラシを手にする熊切さん

 まちづくり体験プログラム、「―ひと・みせ・まちがつながる―こどものまち・ミニまちだ」が11月19日(土)・20日(日)に成瀬会館で開かれる。

 準備から当日の運営まで、子どもたちが中心となって進めていく子どもだけのまちづくり。開催当日は約100人の子ども市民が参加し、働いたり、買い物したり、税金を納めるなどして、社会や仕事、町の仕組みを学ぶイベントだ。ドイツ・ミュンヘンで行われた活動をモデルに、現在全国各地で実施。近隣では横浜市や川崎市で行われている。

 発起人は市内在住の熊切勝夫さん。昨年、単身赴任から町田に戻った熊切さんは、自身の10歳の子どもと親子で一緒に楽しめるイベントを探した際に「こどものまち」を知った。町田での実績がないことがわかり、それなら自分が、と立ち上げ、SNSを通じて呼びかけたところ、小学生の親や子育てを終えた大人たちが賛同。チラシやHPを作ると、あっという間に参加者の定員が埋まったという。子ども実行委員のメンバー36人は6月26日から約5カ月間、会議や準備を行い本番に向かう。

 「子どもが楽しむのはもちろんですが、ひと・みせ・まちがつながるという副題の通り、イベントを通じて地域の商店街の人や高齢の方たち、みんなが繋がるきっかけになれば」と熊切さん。現在、学生ボランティアスタッフを募集しているとう。問合せは【携帯電話】090・4646・2866へ。

町田版のローカルニュース最新6

「困窮者支援に役立てたい」

「困窮者支援に役立てたい」 社会

スーパーが市社協に寄付金贈呈

6月30日号

町田JCウクライナへ救援金

町田JCウクライナへ救援金 社会

50万円を市通じ赤十字へ

6月30日号

「文化こそ心の養生」

市文協

「文化こそ心の養生」 文化

落語文化に親しむ

6月30日号

下敷き配り、夢与え

下敷き配り、夢与え スポーツ

ゼルビア選手が小学校を訪問

6月30日号

慰霊の日、沖縄へ寄付

慰霊の日、沖縄へ寄付 社会

物産展「沖縄宝島」

6月30日号

生け花の祭典、3年ぶり

生け花の祭典、3年ぶり 文化

約1100人が花と語らう

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook