八王子版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

田植えに240人 新展開「米粉」も 八王子の酒「高尾の天狗」

社会

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena
市民を募って企画された田植えの様子
市民を募って企画された田植えの様子

5期目スタート

 5シーズン目をむかえる八王子の酒「高尾の天狗」づくりが始まった。6月9日、高月町の田に240人が集まり、田植えを行なった。

 この日本酒づくりは、まちづくりプロジェクト「はちぷろ」(元横山町)によるもの。地元の米を使った日本酒製造を通じて、人と人のつながりを育み、地域の発展につなげていこうと考えている。地産地消地活の取り組みだ。

 その中で田植え、稲刈りの工程を体験してもらったり、長野での蔵見学も企画している。

 今回の田植えは市民参加を募っては4回目のもので、家族連れや学生の姿が多く見られた。初めての人は田のぬかるみに驚きながら汗を流していた。なお昨年は6反分で、近隣の農家2軒に手伝ってもらったが、今回は10反分、サポート農家は5軒に増えた。

 田植え作業後は近隣の会館で懇親会が用意され、それぞれ労をねぎらった。挨拶にたった、はちぷろの西仲鎌司代表((株)河内屋/(株)舞姫)は、「最初の年の田植えは10人くらいでした。それが200人を超えるようになりました」と多くの参加に感謝しつつ、この活動について「ひとつの交流の機会を提供したいと思っている。高月を発信する場にもなれば」と話した。高月の酒米生産者、澤井孝行さんは「(体験して)米作りが大変であると少しはわかってもらえたのでは。ぜひまわりにも伝えてもらいたい。米どころを守るのは大変。高月の自然を保っていくためにもご支援いただきたい」と述べた。また米だけでなくパッションフルーツやたまねぎの栽培にも力を入れていることを説明した。

地元2社 配合グルメ

 なお懇親会には地元企業による飲食ブースが用意され、(株)アーバン(千人町)と(株)インターシステム(中野山王)は米粉を使った料理をふるまった。米粉は昨年、高月の田で収穫された米によるもの。高尾の天狗の副産物だ。

 「酒米による米粉は珍しいのでは。酒米は45%を削る。米粉はその一部」。西仲さんはそう説明する。高尾の天狗の関連商品としては、これまで酒粕を使用したわさび漬や甘酒を発表してきた。「アルコールはマイナスのイメージがあるが酒粕を使ったものは印象が良かった。米粉は最近、グルテンフリーなどで注目が集まっている」とその可能性に期待する。今回、試験的に米粉料理の提供を2社に依頼。「高尾山グルメ」でおなじみのアーバンは同社の名物「三福だんご」に米粉をブレンドしたものを、三崎町でエスニック料理店「チャイヨー」の展開などをするインターシステムは米粉を配合した生地によるピザ、水餃子を考案した。それぞれ「甘みが感じられる」と評価は上々だった。

 今後は7月に草刈り、9月に稲刈りをする予定。長期的な展望としては2020年を目標に、高月町に酒蔵の建設を考えている。

 高尾の天狗の取扱いは市内の飲食店、小売店に限定している。

懇親会で振る舞われた「米粉」入りのピザと団子=左、右上写真/高月で作られた米による米粉を持つ(左から)西仲さん、スーパーアルプス最高顧問の内野紀宏さん、農家の石川研さん=右下写真
懇親会で振る舞われた「米粉」入りのピザと団子=左、右上写真/高月で作られた米による米粉を持つ(左から)西仲さん、スーパーアルプス最高顧問の内野紀宏さん、農家の石川研さん=右下写真
賑わった懇親会
賑わった懇親会
挨拶する澤井さん
挨拶する澤井さん

八王子版のローカルニュース最新6

(金)(土)に公式戦

100年企業に必要な力

100年企業に必要な力 経済

学ぶビジネスサロン開設

1月20日号

スマホ体験会

「意識高く活動」

消防団

「意識高く活動」 社会

団長 出初式で

1月20日号

10日間で1万3千人超

七福神めぐり

10日間で1万3千人超 文化

1月20日号

澤井さんが黄綬褒章

人物風土記関連記事

澤井さんが黄綬褒章 文化

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook