八王子版 掲載号:2018年9月27日号
  • LINE
  • hatena

女子バスケ 一中2度目の全国制覇 昨年の悔しさバネに

スポーツ

「全て完勝」

 市立第一中学校女子バスケットボール部(石川町)が8月22日から25日かけて山口県で行われた第48回全国中学校バスケットボール大会に出場し、2007年以来2度目の優勝を果たした。部員らは9月18日、石森孝志市長らを表敬訪問し、全国制覇を報告した=写真(八王子市提供)。

 「昨年(全国)ベスト8で終わった悔しさをバネにしました。みなさんの応援のおかげで優勝できました」とキャプテンの鈴木月渚(るな)さん(3年)は感謝の意を述べた。渡辺一彦校長は「この夏は全ての試合で完勝でした。本当に素晴らしい」と部員を称えた。

和み生んだ「変顔」副部長がアイデア

 2度目の全国制覇を成し遂げた市立第一中学校女子バスケ部。全国大会へ進むための関東大会(群馬県8月7日〜9日)でエピソードがある。

 関東は全国一の「激戦区」と言われる。緊張するメンバーの心と体をほぐしたのが試合前の「変顔」(おかしな表情)だ。副部長の酒井杏佳(きょうか)さん(3年)が披露し、その後スタメン5人も一緒に。チーム全体にリラックスした雰囲気を生み出し結果、2年連続の優勝につながった。

スタイル貫き圧倒

 全国大会は、予選リーグが強豪校ばかり揃う正念場だった。部員らはそれを「神様がくれた最後の大きな試練」と前向きに考え、相手を意識するのでなく「(ディフェンス力をいかした)自分たちのスタイルを貫く」ことに集中した。結果、1位突破でそのまま勢いに乗り、トーナメントも最終日の準決勝(66―44)、決勝(79―56)まで相手チームを圧倒した。

 その準決勝、決勝ではこれまで戦ってきた対戦相手などが「一中応援団」になってくれたそう。大きな声援が励みになったと部員は振り返った。

 表敬訪問に参加した部員は「(全部員)33人で毎日練習してきた。誇りに思う」「一中に入ったときからずっと目指してきた。夢がかなって良かった」と感想を述べた。石森市長は「これからも大きな舞台でがんばって」とエールを送った。「サプライズゲスト」としてマスコットキャラクターの「トレンチー」とともに駆けつけたプロバスケ東京八王子ビートレインズの和田尚之代表は「一緒にバスケで八王子を全国にひろめていきましょう」と呼びかけた。

1年間負けなし

 同部は全国屈指の強豪と知られる。得意の攻撃パターンは「ディフェンスからの速攻」。部員を見守る顧問の福島紀史(のりふみ)教諭は「毎日リバウンドの練習をこなしており、ジャンプ力が日々あがっている」「去年のベスト8で終わってから公式戦は1年間、1度も負けませんでした」と話した。

一中体育館での練習の様子
一中体育館での練習の様子
表敬訪問で「変顔」を再現する一中女子バスケ部とビートレインズのマスコットキャラ
表敬訪問で「変顔」を再現する一中女子バスケ部とビートレインズのマスコットキャラ

八王子版のトップニュース最新6件

八王子でも対策急務

ひきこもり中高年問題

八王子でも対策急務

4月18日号

地域と大学つなぎ40年

中央大学OB会

地域と大学つなぎ40年

4月18日号

外国人の相談乗り10年

八王子国際協会

外国人の相談乗り10年

4月11日号

夢はW杯優勝

フットゴルファー小林隼人さん

夢はW杯優勝

4月11日号

郵便局、「まち運営」支援へ

高齢者へ登山のすすめ

八王子市

高齢者へ登山のすすめ

4月4日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク