八王子版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

八王子芸者衆 「お揃い浴衣」を販売 受付開始 新調機に 

文化

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
浴衣を着る、芸者の小太郎さん。過去開催の「あさがお市」での様子
浴衣を着る、芸者の小太郎さん。過去開催の「あさがお市」での様子

より「らしく」

 あの芸者さんと同じ浴衣を着ることができる――。八王子芸者衆がこのほど、「お揃いの浴衣」の販売を始めた。

 八王子まつりや夏の風物市(あさがお市)など、夏にある市内のイベントで見かける、艶やかな浴衣姿の芸者衆。来年これまで着用していた浴衣のデザインを刷新するのを機に、芸者衆と同じ浴衣を一般にも販売することにした。

 今の浴衣は5年ほど前に作られたもので、「柳と簪(かんざし)」をあしらったデザイン。「もっと八王子花柳界らしく」と、今回新調するものには「柳と糸巻き」が描かれている。芸者衆が手書きイラストや写真を持ち寄り、デザイナーに依頼。作られた3案の中から、よりシンプルなものを採用した。

「一緒に楽しんで」

 かつて自らの置屋「ゆき乃恵」でお揃いの浴衣をあつらえたことがある、めぐみさんは「みなさんと一体感を作れれば。夏まつりなどで一緒に楽しみましょう」と話した。

 新しい浴衣は紺地と白地の2種があり、それぞれ男性用、女性用を用意する。制作するのは地元の老舗呉服店「にしわ」(八幡町)。申し込みは現在、ファックスなどで受け付けており、商品の受け渡しは来年夏となる。

 料金は1反12,000円税込、仕立て代4,860円税込。フルオーダーの場合は仕立て代が異なる。

 「お座敷にも着てきていただきたいですね」と今回の企画を担当した置屋菊よしの小太郎さん。問い合わせは八王子三業組合【電話】042・622・5191へ(土日祝休み)。

案内を持つ置屋菊よしの小鶴さん
案内を持つ置屋菊よしの小鶴さん

八王子版のトップニュース最新6

100年の歩み、脈々と

八南歯科医師会

100年の歩み、脈々と 社会

八王子など4市 373会員に

8月11日号

八王子市が都内初

日本子育て支援大賞

八王子市が都内初 社会

大学教員の講座など評価

8月11日号

小中生、SNS方針へ提言

小中生、SNS方針へ提言 社会

市教委 新サミットに74人

8月4日号

「浴衣で、まち巡って」

八王子七福神会

「浴衣で、まち巡って」 文化

8カ所 初の夏開催

8月4日号

覆殿 120年ぶり修復

八王子神社

覆殿 120年ぶり修復 文化

台風被害、日本遺産認定受け

7月28日号

にぎわいにブレーキ

高尾山

にぎわいにブレーキ 社会

6月までは復調傾向

7月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 7月21日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook