八王子版 掲載号:2018年11月29日号
  • LINE
  • hatena

バイオリンサークルの主宰で、12月に市内でサークルの発表会を兼ねたコンサートを開催する 阿部 智世(ともよ)さん 南陽台在住 48歳

楽しみ、気持ちで弾く

 ○…この日のために青森から「子どもたち」がやって来る。来るのは12年前から6年間、サークルを開いていた際に出会った教え子ら。もうほとんどが高校生。「先生が向こう(東京・八王子)でやるときは絶対応援にいく」。サークルは大きな家族のような集まりだった。「だからわざわざ来てくれるのかな?」。開催は2度目。約束は昨年に続き守られる。

 ○…姉、弟、妹も楽器を弾く音楽きょうだい。バイオリンは3歳から大学時代まで習った。「教える」ようになったのは、夫の転勤を機に青森に住んでから。長男の幼稚園で披露するとまわりの親子が関心を示した。「楽器店も音楽教室もない、小さな町でした。珍しがってくれたみたいです」。そこで「技術でなく気持ちで弾く」サークルを立ち上げた。あえて教室でなくサークル。「音楽を楽しんでもらおう」とする姿勢が受け入れられ50人の生徒を抱えた。演奏に呼ばれ町内の老人ホームや保育園は「ほとんどまわった」そう。

 ○…実は、大学は音楽でなく「畜産学」を専攻した。「言葉をしゃべらない動物とわかりあいたい」。犬、猫、鳥アレルギーがあったが相模原の麻布大学へ進学。卒業後は養豚場の分娩舎で働いた。「かわいかったですが自分の思いはなかなか通じず…。突進してくるし」と笑う。豚肉を食すことについては「自分の血や肉になってくれる。無駄にしてはいけない」

 ○…生まれた八王子に戻り2年前、ここでもサークルを開いた。無条件に子どもが好きという。レッスンでうまくいかなくても、「次の回は笑ってくる。そういう所がいいですよね」。夢は弦楽団を作ること。「5年、6年?7年くらいかかるかな」。青森の高校生も八王子の子どもたちも、みんな楽しみにしているはずだ。

八王子版の人物風土記最新6件

伊藤 洋平さん

家具職人で八王子観光PR特使になった

伊藤 洋平さん

3月21日号

佐怒賀(さぬが) 理子さん

八王子FCアトリースのゴールキーパーで、都女子サッカー連盟の優秀選手として表彰された

佐怒賀(さぬが) 理子さん

3月14日号

山本 幸久さん

昨年、JR東日本の関連会社などが主催する「エキナカ書店大賞」を受賞した

山本 幸久さん

3月7日号

駒津(こまつ) 栄雄さん

昨年、都の功労者として福祉・医療・衛生の分野で表彰を受けた

駒津(こまつ) 栄雄さん

2月28日号

江原 直子さん

途上国での英語指導を経て、市内に教室を開いた

江原 直子さん

2月21日号

石塚 太一さん

八王子市医師会の会長を務める

石塚 太一さん

2月14日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク