八王子版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

公演重ね 500万円寄付 計20回 地雷廃絶めざし 

社会

16日にある公演の案内を持つ並木さん
16日にある公演の案内を持つ並木さん

 奉仕団体「東京八王子ワイズメンズクラブ」は16日(土)、恒例となっているチャリティコンサートを開催する。この公演は1997年に始めたものでこれまで20回を開催。募金などで集まった寄付金は、500万円を超えた。募金の目的は、対人地雷廃絶運動と東日本大震災復興の2つの支援。事務局の並木信一さん(76・大楽寺町在住)は「多額の寄付は本当にありがたい。いずれも継続的な支援が大切」と話す。

「継続支援が必要」大震災へも

 同クラブは青少年健全育成活動を展開するYMCAをサポートする団体で94年に発足した。チャリティ公演の開催やボランティア活動、そして中央大学のサークルと交流し学生活動の支援も行う。現在会員数は18人。

 チャリティ公演は「地域へのサービスプログラム」として企画された。音楽はクラシックがメインで、会員の伝手で演者に声をかけている。YMCAがNGOの地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)を支援していたことから、クラブもチャリティの目的を同じにした。2012年からは東日本大震災復興の支援も加えている。

犠牲は子ども

 公演には毎回300人程度が来場する。寄付金は入場料の一部と募金によるもので25〜30万円が集まる。その都度、送金しており昨年公演が20回を数えた時点で総額は500万円を超えた。「地雷廃絶も震災からの復興も、どちらも継続的な支援が必要なもの。そこを理解いただきありがたい」と並木さんは市民の善意に感謝する。

 並木さんは児童福祉に詳しく、地雷廃絶の活動にも関心が高い。「ミャンマーやカンボジアで今も被害が続いている。被害にあうのはたいてい子どもたち。足を失うなどしてしまう。その後の人生において長いサポートが必要なんです」と訴える。

 なお送金先は、地雷廃絶についてはJCBL、東日本大震災については東京YMCAとしている。

今週土曜、北野町で

 公演は16日午後2時開演。会場は北野市民センター(北野町)。入場整理券1000円。今年は八王子市出身のソプラノ歌手、奈良原繭里(まゆり)さんのリサイタルとなる。問い合わせは久保田さん【電話】042・636・3317へ。

過去開催時の様子
過去開催時の様子

八王子版のトップニュース最新6件

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク