八王子版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

八王子が「米キャンプ地」に 五輪クライミング選手団 

スポーツ

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
「五輪では金メダルを目指したい」と語ったノーマン氏(左)と石森市長
「五輪では金メダルを目指したい」と語ったノーマン氏(左)と石森市長

 19日、八王子市が2020年東京五輪に出場するスポーツクライミング競技・米代表の事前キャンプ地に決まった。2年前から、同競技を構成する3種目の一つであるボルダリングの国際大会会場となってきた八王子。この決定を受け、ボルダリングの街としての認知度の高まりが期待される。

 同日には、八王子市役所内で両者による覚書締結式が行われ、その席で同米代表のマーク・ノーマン氏は「素晴らしいパートナーシップを結ぶことができた」と笑顔をみせ、ボルダリングの国際大会開催の実績がある八王子でキャンプを張れることに喜びをみせた。

8月に来日

 同代表は今後、今年の8月に3週間ほど八王子で強化合宿を行い、来年の7月下旬には約2週間の日程で事前キャンプを張る計画を立てている。

 その拠点には昭島市の施設のほか、市内にある、民間の3つのボルダリングジムが候補にあがり、ノーマン氏は「五輪に向け、本番と同じ慣れた環境で過ごせるのはプラスになる」とする一方で、8月の八王子まつりに参加するなど、市民との交流を深めていきたいと話す。

交流を後押し

 市も積極的に、市民と米選手団との交流を推し進めていきたい考えだ。

 八王子まつりで市民と選手団との交流を後押ししていくほか、「ボルダリングの壁」がある第五小学校(千人町)で選手団を招いた教室を計画するなど、多くの子どもたちが選手団と触れ合える機会を増やしていきたいと考えている。

 石森孝志八王子市長は締結式で「アメリカのホストタウンとして幅広い世代が選手団と交流を深めていけるようにしたい」としている。

街の認知度アップに?

 今回の決定を受け期待されるのが、ボルダリングの街としての八王子の認知度アップだ。米選手団の練習拠点の候補地にあがっている散田町の「バーチクライミングジム」の鈴木亨店長は選手団への協力を惜しまない考えを示したうえで「シューズと滑り止めがあれば誰でも手軽にできるスポーツ。今回の決定を受け、八王子で盛り上がってくれれば」と期待を寄せる。そして、五輪で日本選手が活躍しスター選手が誕生すれば、より多くのファンが生まれる可能性がある、とも。

 八王子観光コンベンション協会担当者は「ボルダリングの街、八王子としての広まりが期待され、それにより市外から多くの人が訪れてくれるようになれば」と話している。

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

医療ウィッグ用、髪を寄付

医療ウィッグ用、髪を寄付 社会

市内で広まる「ヘアドネ」

11月26日号

事業者 補助金関心高まる

事業者 補助金関心高まる 経済

コロナ 都内拡大に伴い 

11月26日号

学芸員 歴史解説が好評

学芸員 歴史解説が好評 教育

小中高に 八王子城跡で 

11月19日号

南大沢 スマートシティに

南大沢 スマートシティに 社会

東京都 協議会設立

11月19日号

八王子代表は河井さん

農業男子投票企画

八王子代表は河井さん 社会

「上位目指す」 都内14人参加

11月12日号

石川さん 都優秀技能者に

石川さん 都優秀技能者に 経済

楢原町 貴金属細工加工工

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク