八王子版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

八王子市 日本一「ごみ少ない街」、奪還 事業系の資源化進む

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
市内の小学生が描いたごみ減量を訴える絵画を指さす、市ごみ減量対策課の坂野優一課長
市内の小学生が描いたごみ減量を訴える絵画を指さす、市ごみ減量対策課の坂野優一課長

 八王子市が「ごみの少ない街」日本一に返り咲いた。環境省が先ごろ発表した、ごみ排出量の少ない自治体ランキング(2017年度・人口50万人以上の都市)によるもので、企業などから出る事業系ごみの資源化が進んだことが要因の一つになったと市担当者は話している。

 全国トップは2年ぶり4回目。その前の年は2位で、今回発表されたデータによると、17年度における、市の1人1日当たりのごみ排出量は776・9グラムで2位の愛媛県松山市よりも5・3グラム少なかった。

 市の担当者は「企業などへごみの分別を呼びかけ、ご理解、協力して頂いたことが大きい」とし、企業らがそれまで可燃ごみとしていた紙類などの分別を見直し、資源物化されたものが増えたことがごみの減量につながったと話している。

 「資源化することで、ごみ焼却のコストダウンにつながった企業の好例もあった。市民、事業者の、ごみ処理に対する意識の高さがあってこその日本一奪還だと考えている」。17年度のごみ・資源物の総量は前年度よりも約4510トンの減少になったのだという。

元々、少ない?

 なぜ、八王子はごみの排出量が少ないのか――。今回の結果だけでなく、市は15年近くにわたり、排出量の少ない自治体ランキングの上位を占めている。

 その要因の一つと考えられるのが04年度にスタートした、ごみの有料化だ。それまで使用していたごみの埋め立て地が容量オーバーとなり使用できなくなったことから、市はごみの有料化を開始。市民らにごみ袋を購入する必要が発生したことなどから、「ごみを減らそう」とする意識が市内に広がったことが「ごみの少ない街」となる要因となったようだ。

 「有料化を実施するのに合わせ、その前には1700回以上にわたり市民らに対する説明会を行った。それにより、ごみに関する、市と自治会などとの相互の理解が図られたことも要因になっていると思う」と市担当者は話している。

基本計画を策定

 市は3月、今年度から28年度までのごみ処理に関する基本計画を策定。ごみの資源化を進めていくことを柱に、食品ロス削減を始めとする生ごみの減量などを目指す方針を示した。

 市担当者は「モデル事業として、安否確認を兼ねた高齢者などのごみ出し困難者支援の充実を目的とした取り組みなども始めている。今後とも、ごみ減量化につながる様々な取り組みを実施していきたい」と話す一方で、ごみ削減は市民、事業者の協力無しでは進められないもの、今後とも協力をお願いしていきたいとしている。

食品ロスの減少を目指し実施している企画「八王子市完食応援店」のステッカーを手にする市担当者。啓発に協力している飲食店などに貼られているのだという
食品ロスの減少を目指し実施している企画「八王子市完食応援店」のステッカーを手にする市担当者。啓発に協力している飲食店などに貼られているのだという

八王子版のトップニュース最新6

松姫 檜原村で舞台に

松姫 檜原村で舞台に 文化

5月上演 「通った道」の縁

2月20日号

つながり大切に30年

八幡八雲神社青年会

つながり大切に30年 社会

会員数「日本一」との声も

2月20日号

余剰パン フードバンクへ

余剰パン フードバンクへ 社会

市内工場 月2〜300パック

2月13日号

小中いじめ防止強化

八王子市教育委員会

小中いじめ防止強化 教育

来年度から新たな取組み

2月13日号

もっと自然の遊び場を

もっと自然の遊び場を 教育

主婦が活動 「子育て楽に」

2月6日号

枯れ沢 復活に一歩

浅川上流

枯れ沢 復活に一歩 社会

里山再生団体 月1で活動

2月6日号

500年機に町おこし

500年機に町おこし 社会

地域住民ら「滝山城」盛上げ 

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク