八王子版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

ウイスキー文化広めたい バー店主がイベント企画

社会

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena
イベントのポスターを持つ鏡さん(左)と越智さん
イベントのポスターを持つ鏡さん(左)と越智さん

 八王子で初めてという「ウイスキー」をテーマにしたイベントが開催される。「価値ある」国産ウイスキーを多摩地域の人にもっと知ってもらおうと、バー店主2人が企画した。一カ所で様々な味を楽しめる「八王子ウイスキーストリート」は10月5日(土)、八王子駅北口の西放射線ユーロードの一部を会場に同日実施の八王子フードフェスティバルの一環として行われる。

10月開催 初の試み

 企画をしたのは中町にあるダイニングバー「ブレスゲート」の店主鏡智也さん(45)と新橋のバー「T.O」の越智卓さん(44)。2人とも市内の同じ飲食店で働いていたことがあり昨年、鏡さんが独立したことを機に交流を深めるように。今年からイベント開催の準備を進めてきた。

 「新橋に行ってわかりました。比べると多摩地域の人はウイスキーに対する熱量が少ない」と越智さんは指摘する。「日本のウイスキーは先日、1億円で落札されるなど価値は高い。もっと楽しむ文化が根付いてほしい」と開催の動機を話す。越智さんによると1980年代の世界的なウイスキー不況でメーカーが生産量を減らした一方、2010年代になると「安全」「技術力」を強みとする日本のウイスキーはアジアから注目されるようになった。中国市場の活性化などで昨今は「品薄」な状態が続くほどの人気ぶりだそう。

 今回企画したようなイベントは、6年前に始まり今では3000人の来場がある「秩父ウイスキー祭」(埼玉県)が代表的なものという。ひとつの会場に国内外のメーカーが集まり様々な味を試飲できる。参加したことのある鏡さんは「とても人気のある催しですが、古いものを飲めるなど、上級者向けになりつつある」とし、八王子で行うイベントについては「ウイスキーを知らない方に味わってもらえるものに」と考えている。また「屋外で、街中の一定箇所で開催するのは他で聞いたことがありません」と、独自性を強調する。

 当日はメーカー数十社がブースを設け、国産ウイスキーを中心に、基本的に「ストレート」で提供する。来場者はチケット購入で進呈される専用のグラスで各種を楽しめる。鏡さんらバーテンダーは市内近郊等から20人近くがスタッフとして参加する。出店メーカーの担当者は「これをきっかけに海外のものにも目を向けてもらい、国産を含めてウイスキーがもっと飲まれるようになれば」と開催を歓迎する。

 2人はその価値(味)について「熟成という時間を飲む。麦を育む大地を飲む。そして人の技術を飲む。それがウイスキーの醍醐味です」と語る。「八王子でもその文化が広まれば」とイベントを機とした展開を期待する。
 

八王子版のトップニュース最新6

外国人に「話す喜び」

外国人に「話す喜び」 教育

日本語スピーチ 今年20年

10月17日号

廃材で「環境かるた」

北野町NPO

廃材で「環境かるた」 教育

手作り まつりでお披露目

10月17日号

古本まつりが10周年

古本まつりが10周年 文化

まちの魅力アップに貢献

10月10日号

八王子が新記録の13連覇

市町村体育大会

八王子が新記録の13連覇 スポーツ

スポーツ協ら活動実る

10月3日号

高尾で地域振興

音楽家千晴さん

高尾で地域振興 文化

「みんな地元」 パン店開業

10月3日号

店主ら「期待」「無縁」

店主ら「期待」「無縁」 経済

ポイント還元 10月から

9月26日号

「幻の電車」、90年前に頓挫

「幻の電車」、90年前に頓挫 社会

鑓水発 NT開発など影響

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク