八王子版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

銭湯 署名で存続決意 松の湯 長男継ぎ新しく

文化

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena
新装した番台に立つ宏和さんと小嶋さん(左)。お披露目会にて
新装した番台に立つ宏和さんと小嶋さん(左)。お披露目会にて

 一度は閉店を決めるも地域住民から「反対」の声があがり再開。そしてこのほど晴れて長男が跡を継ぎ、新装開店――。小門町の銭湯「松の湯」で5日にあったお披露目会ではたくさんの笑顔が溢れた。

2016年閉店告げる

 「もう高齢だから。70を過ぎてからずっと考えていたんです」。2016年10月、店主の小嶋誠さん(77)は、父親の代から60年以上続いた銭湯を閉めるつもりでいた。決して経営が行き詰まったわけでなく、浴場は連日賑わいがあった。ただ、建物の老朽化もあり、そう判断した。そして店頭に「今月末まで」の張り紙を掲出。すると予想をしない事態になった。

 「東海道新幹線が急に停まるくらいの驚きだったよ。冗談じゃない。ちょっと待って、と」。そう振り返るのは「年間280日は訪れる」という常連で近隣住民の井上博正さん。小嶋さんが用意したお別れのメッセージノートを、「存続を願う」署名用紙に差し替え。有志20人による署名活動が始まった。「大きなお風呂で体が温まる効能はもちろん、色々な人に会って話ができる大切な場所」と井上さんはコミュニティである銭湯の重要性を訴える。

 署名は8日間で2670筆が集まった。井上さんを世話人とする「松の湯の存続を願う会」は、法律により「住民の公衆浴場利用機会の確保をする」立場にある行政(八王子市)へ要望書を提出した。「そこまでやってもらえたら…」。小嶋さんは閉店の考えを改め、営業を再開した。ただ、小嶋さんは悩んでもいた。「ずるずると、迷いながらの日々でもありました」

帰国、退職し

 一方、そんな「騒動」は、海外にいる長男宏和さん(47)にも届いた。自動車メーカーに勤めタイに赴任しているさなか、SNSを通じて「閉店」「署名」などの展開を知った。「これだけ近所の人に思われているのなら、継ぐのがよかろう」。17年3月、帰国をした宏和さんはその意志を小嶋さんに伝えた。「そりゃ嬉しかったよ」。小嶋さんに笑顔が戻った。

 店舗は今年5月からの大規模改修工事を経て9月6日に再オープン。番台には先月メーカーを退職したばかりの宏和さんが立った。「自分もできる限り顔を出したい」と小嶋さん。「みんな小嶋さんの笑顔が好き。だから来ていた。その点は引き継いでもらいたいね」と井上さんも喜ぶ。宏和さんは「近所の方に利用していただきたいですね。銭湯は街の中にあるからいいんだと思います。残していきたい」と話した。

 市内の銭湯は現在、松の湯を含め3店舗のみ。

八王子版のトップニュース最新6

外国人に「話す喜び」

外国人に「話す喜び」 教育

日本語スピーチ 今年20年

10月17日号

廃材で「環境かるた」

北野町NPO

廃材で「環境かるた」 教育

手作り まつりでお披露目

10月17日号

古本まつりが10周年

古本まつりが10周年 文化

まちの魅力アップに貢献

10月10日号

八王子が新記録の13連覇

市町村体育大会

八王子が新記録の13連覇 スポーツ

スポーツ協ら活動実る

10月3日号

高尾で地域振興

音楽家千晴さん

高尾で地域振興 文化

「みんな地元」 パン店開業

10月3日号

店主ら「期待」「無縁」

店主ら「期待」「無縁」 経済

ポイント還元 10月から

9月26日号

「幻の電車」、90年前に頓挫

「幻の電車」、90年前に頓挫 社会

鑓水発 NT開発など影響

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク