八王子版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

音楽家千晴さん 高尾で地域振興 「みんな地元」 パン店開業

文化

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
開店準備が進む店舗前にて。左から落合さん、千晴さん、石川さん
開店準備が進む店舗前にて。左から落合さん、千晴さん、石川さん

 歌手の三浦大知さんとの共演などで知られる八王子出身の音楽家の千晴(ちはる)さん(37)が地元高尾で知人らとパン店を始める。音楽活動と並行し「オール高尾メイド」の店で、生まれ育った町の地域振興に乗り出す。

10日 駅南口に

 (地産地消と言われるように)飲食はその土地にあったものの方が良いはず(千晴さん)――。パン店の店名は「いなこっぺ」。場所は高尾駅南口で10月10日(木)にオープン予定。店舗の施工を始め、提供するパンやコーヒーもほとんど地元の人、業者によるものなので千晴さんはそれを「オール高尾メイド」と説明する。また「大工さんもパン職人も、ものを作る人はみんなアーティスト。ここではアーティストみんなが伸び伸びできる環境を作りたい」と話す。土地に根付いた作り手が力を発揮することで地域の好循環につなげたい考えだ。

幼なじみと起業

 千晴さんは浅川小、浅川中の出身で2006年、24歳のときから音楽活動を開始。ヒップホップの楽曲提供だけでなくラッパーとしても活躍、三浦さんの作品に参加するなどしてきた。昨年はアルバム「始まり」を発表した。

 パン店は幼なじみの落合俊哉(しゅんや)さん(36)と立ち上げた会社で運営する。落合さんは地元で焼肉店を経営する中で、「もっと色々な店をやりたい」と考えていたところ、千晴さんの弟でパン店に勤める石川純也さん(35)と意気投合。そこに音楽業界でマネジメントなどについても学んだ千晴さんが加わり6月、落合さん、千晴さんの2人で起業した。まずは落合さんの好物コッペパンを中心とした店舗を始めることに。千晴さんは店舗のディレクション、BGMなどを担当。石川さんが店長を務める。

故郷へ戻る

 千晴さんは5年前、それまで暮らしていた都心から、高尾へ戻ってきた。「やはりこの環境がいい。バイブレーションが合う。土(地元)に帰ってまた芽を出せれば」。離れてみて初めて故郷の良さに気がついたようだ。一方落合さんは音楽活動をしていた時期もあり、千晴さんについて「リスペクトはでかい」と話す。

 なお千晴さんと石川さんの兄弟をはじめ、落合さん、店舗に併設されるコーヒー店の店主、施工業者ら店に携わる人のほとんどが店舗近隣にある浅川小、浅川中のOB。「だからオール高尾メイド。縁のあるメンバーでやります」と超地域密着、ハイパーローカルな店づくりについて千晴さんは笑顔で語った。

幼いころの3人=提供写真
幼いころの3人=提供写真

八王子版のトップニュース最新6

松姫 檜原村で舞台に

松姫 檜原村で舞台に 文化

5月上演 「通った道」の縁

2月20日号

つながり大切に30年

八幡八雲神社青年会

つながり大切に30年 社会

会員数「日本一」との声も

2月20日号

余剰パン フードバンクへ

余剰パン フードバンクへ 社会

市内工場 月2〜300パック

2月13日号

小中いじめ防止強化

八王子市教育委員会

小中いじめ防止強化 教育

来年度から新たな取組み

2月13日号

もっと自然の遊び場を

もっと自然の遊び場を 教育

主婦が活動 「子育て楽に」

2月6日号

枯れ沢 復活に一歩

浅川上流

枯れ沢 復活に一歩 社会

里山再生団体 月1で活動

2月6日号

500年機に町おこし

500年機に町おこし 社会

地域住民ら「滝山城」盛上げ 

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク