八王子版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

教育無償化、影響は? 八王子実践・矢野理事長に聞く

教育

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
幼稚園の園長も務める矢野理事長
幼稚園の園長も務める矢野理事長

 今月、幼児教育・保育の無償化が始まった。来年4月には私立高校の授業料も無償化されるが、無償化は子どもたちの「学び」にどのような影響を及ぼすのか。幼稚園、中学高校を運営する台町・八王子実践の矢野東理事長に聞いた。

 ――教育の無償化によって子どもたちの学びに変化はある?

 「より充実するのは間違いないでしょう。親御さんたちは負担が少なくなった分、自身の子どもを新たに塾に行かせようか、習い事に通わせようかなど選択肢が増えると思います」

 ――ただ一方で、小中学校への支援が足りないと

 「はい。小中学校に子どもを通わせている保護者は若いご夫婦であることがほとんど。支援を充実させ、家庭への負担を少なくすることで、希望する学校へ子どもを通わせることができるようにしてもらいたいと考えています」

 ――無償化を受け、実践さんでは新たに取り組むことはありますか?

 「無償化によって何かを始めるということはありませんが、高校では来年度から現在の普通コースを廃止し、AIなど、より専門的な学問を学ぶことのできるコースなどを新設する予定です」

 「それは時代に合わせた改革の一環です。常に生徒たちに社会へ出てから活躍できる人材になってもらいたいという思いがあります。一方で考える力や判断する能力など、子どもたちの”数字に表せない力”を伸ばしていくことは普遍的なものだと考えております」

 ――最近、2020年以降の大学入試改革を見据えた「変化」もみられるそうですね

 「センター入試を含む、大学入試の不透明部分を避けるため、大学に直結する付属の中高を選択し、推薦入試による大学合格を目指す傾向がみられるようになりました」

 「ただこの傾向は高い、思考力や判断力、問題解決力などをもった”人財”を欲している社会との間に隔たりがあるかもしれません」

八王子版のローカルニュース最新6

継続35年 思い重ね

いちょうLC

継続35年 思い重ね 社会

記念式典に120人

5月26日号

日本と世界 音楽で融合

日本と世界 音楽で融合 文化

5月28日 いちょうホールで

5月26日号

動画で伝える空襲

動画で伝える空襲 社会

戦争ドキュメント 再編集

5月26日号

おのれの書 230点

千住真理子リサイタル

千住真理子リサイタル 文化

6月12日

5月26日号

茂住菁邨氏が個展

「令和」揮毫書家

茂住菁邨氏が個展 文化

東京 6日間開催に手応え

5月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook