八王子版 掲載号:2019年10月24日号 エリアトップへ

市窓口 242人が相談 台風19号 「被害は記録を」

社会

掲載号:2019年10月24日号

  • LINE
  • hatena
相談窓口の様子=イメージ写真
相談窓口の様子=イメージ写真

 八王子市は15日、台風19号に関する被災者相談窓口を設置した。併せてコールセンターも設置しており、3日間で延べ242人が相談を寄せている。相談窓口、コールセンター(【電話】042・620・7226)はあす25日(金)まで開設する予定。(10月18日時点)

あす25日まで対応

 窓口に寄せられた相談は15日が35人(55件)、16日は13人(24件)、17日は14人(22件)。またコールセンターへは15日が82人(120件)、16日は51人(61件)、17日が47人(57件)だった。窓口は当初2人態勢だったが、内容によっては相談者を待たせる状況があったことから15日のうちに3〜4人態勢へと増員された。コールセンターは4〜5人態勢。

多いのは罹災証明

 市広聴課の櫻田ひかり課長は「寄せられている相談の中で多いのは罹災証明書の関係です。罹災証明書は保険請求などで必要となります。生活再建のために片づけるのは構いませんが、できるだけ(写真やメモなどで)記録を取っておいてもらえれば」と呼び掛ける。それ以外には、伝染病やカビ対策として消毒に関する相談が多いという。また地域別の傾向としては、下水関係は小宮から、土砂に関しては恩方・高尾方面からが多数を占めているそう。

 櫻田さん自身も13日の日曜日の朝6時に出勤し、市民からの電話対応をした。13日にはコールセンター設置が決定し、回線をひくなど14日に準備、連休明けとなる15日から稼働させた。「相談場所が1つにまとまっていることに意義があり相談を寄せた市民の方から『安心できた』と言っていただけました。今後、再び災害が起こった場合にも、今回の経験は生きると思います」。相談窓口とコールセンターは25日(金)まで業務を継続する予定。

市内被災状況

 八王子市内では10月12日の午後3時30分に「避難指示」が出されており、土砂災害警戒区域内2万3691世帯、浸水想定区域内5万7848世帯が対象となった。避難者数は3732世帯・8457人だった(最大数合計)。

 市内のおもな被害については「人的被害」は「なし」。物的被害は500件で、土砂災害が97件、溢水・越水など41件、道路冠水74件、倒木17件、床下浸水45件、床上浸水24件、一部損壊15件、半壊2件、その他185件と発表されている(10月16日現在)。家屋の被害によるもの以外に停電はなく、断水は1件。市内一般道ではおもなところで13の道路が通行止めになった。大垂水峠(国道20号)は一時通行止めだったが18日に解除された。

12日北浅川の様子=読者提供写真
12日北浅川の様子=読者提供写真

八王子版のトップニュース最新6

八王子が「都農業」育成地に

八王子が「都農業」育成地に 社会

来春、「市へも好影響」との声

12月5日号

商店会がリユース食器

プラごみ問題

商店会がリユース食器 社会

スポーツ会場で使用

12月5日号

JCと災害協定

市社会福祉協議会

JCと災害協定 社会

スピード、専門性に期待

11月28日号

市長選 説明会に2陣営

市長選 説明会に2陣営 政治

現職、元市議が出席

11月28日号

活動通し障害者応援

市内高校生ら

活動通し障害者応援 社会

点字翻訳やドローンで

11月21日号

戻りたい「大好き」恩二小

戻りたい「大好き」恩二小 教育

台風被害 通えず他校へ 

11月21日号

樫崎体制、今月スタート

八王子商工会議所

樫崎体制、今月スタート 経済

「会員増強目指す」

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク