八王子版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

浅川 濁り収まらず 恩方観光「釣場」に打撃 

社会

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
濁った浅川を案内する野村さん。流木により河岸はえぐられた
濁った浅川を案内する野村さん。流木により河岸はえぐられた

 恩方地域を流れる浅川沿いは現在もバスの通行が一部のみなど台風19号による被害の影響が続いている。観光資源のひとつである釣場は営業再開のめどがたたない。川の漁業権を持つ恩方漁業協同組合(上恩方町)の野村福松代表理事組合長(72)は「まずは生活道路の復旧が何より。あとこの川の濁りが何とかなれば」と嘆いた。※24日取材

稚魚エラ病2千匹放流

 12日の台風通過からおよそ2週間が経ったが、川の濁りは収まらない。「いつも台風のあとでも2、3日で元の状態に戻った。こんなことははじめて」

 組合は川の水を利用した養殖池で稚魚を育てている。その水の濁った状態が続いたため、池にいた数匹のニジマスやヤマメがエラ病にかかってしまった。他の稚魚もかかる可能性があったため20日、2000匹を放流した。例年この時期は来年4月第1日曜日の解禁にむけ、3万匹を養殖しなければならないが、現在池は水もない状況だ。

 年間4000人以上が訪れる組合の釣場「北浅川恩方ます釣場」(上恩方町)をはじめ、川沿いにある「八庵」「辻野養魚場」(いずれも同町)も土砂などで被害を受けた。八庵の渕上忠晴さん(63)は「こういう環境で営業しているので、被害も想定し覚悟はしていた。今後の見通しはたっていないが、くよくよしてばかりもいられない」と前を向く。「恩方の魅力だから。続けていかないと」

応援ありがたい

 川の被害は先日、NHKのテレビ番組で紹介された。対応した野村さんは「おかげで多くの応援メッセージをいただいた。本当にありがたい」と話した。組合は再び川が澄むのを待ち、来春にむけ1日も早く準備を進めたい考えだ。

 なお恩方地域は25日時点で路線バスの通行が一部区間のみとなっている。

被害を受ける前の浅川=組合パンフレットより
被害を受ける前の浅川=組合パンフレットより
八庵の釣場=右側=は泥で埋まった。「知人や親せきが来て支えてくれました」と渕上さん
八庵の釣場=右側=は泥で埋まった。「知人や親せきが来て支えてくれました」と渕上さん

八王子版のトップニュース最新6

GoTo効果 市内にも

GoTo効果 市内にも 経済

店主ら「一時的」と焦りも

12月3日号

こま世界大会6位に

別所在住山瀬さん

こま世界大会6位に 文化

高1 関東で唯一の入賞

12月3日号

医療ウィッグ用、髪を寄付

医療ウィッグ用、髪を寄付 社会

市内で広まる「ヘアドネ」

11月26日号

事業者 補助金関心高まる

事業者 補助金関心高まる 経済

コロナ 都内拡大に伴い 

11月26日号

学芸員 歴史解説が好評

学芸員 歴史解説が好評 教育

小中高に 八王子城跡で 

11月19日号

南大沢 スマートシティに

南大沢 スマートシティに 社会

東京都 協議会設立

11月19日号

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク