八王子版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

長房「まちづくり」を開始 スーパーアルプス 官民連携 

経済

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
【上】八王子市長房地区まちづくりプロジェクトのイメージパース=提供画像/【下】工事の様子
【上】八王子市長房地区まちづくりプロジェクトのイメージパース=提供画像/【下】工事の様子

 株式会社スーパーアルプス(滝山町)は東京都との間で都営長房団地内(長房町340番12他)にある都有地に関する定期借地契約を結び、10月から「まちづくりプロジェクト」の準備工事を着工した。官民連携により商業施設、医療・福祉施設、交流施設等からなる「賑わい拠点」を創出するもので2021年度、およそ3ヘクタールの広さの「新しいまち」を誕生させる。

2021年度竣工予定
賑わい失い

 「商店街が衰退し昨年はスーパーもなくなり寂しい思いでした」。町自連横山北地区の平塚忠勇連合会長(長房町在住)はそう説明する。同団地は昭和40年代に建設。46棟(退去済住棟含む)にのぼる大規模団地だ。ただ、およそ50年が経過し住民の高齢化も進み、平塚さんが話すように、まちはかつての賑わいを失いつつある。

 都は2017年、同団地の一部を活用する「都営住宅の建替による創出用地を活用したまちづくり」事業を発表。「生活の中心地」の形成を目的としたもので、説明会を開き、事業者を募った。

 一方、1950年に昭島市で青果店としてスタートした同社は70年、2号店となる「スーパーアルプス長房店」を同団地エリアにオープンした。スーパーは現在市内に14店舗を展開するが、同店は「八王子市で最初の出店」だった。開店から50年近くが経ち、次の展開を考えていたところ、都によるまちづくり事業の話が入った。「市内1号店なので『長房』への思い入れは強いです」と同社店舗開発部のまのめ馬目敏幸グループリーダーは事業へ応募した際の動機を話す。

都「経験に期待」

 18年9月、コンペの結果、事業予定者として同社を代表企業とし、建設会社など3社の構成員が決定した。「長年にわたり地域に根差した営業を行ってきました。弊社をはじめ地域の力を結集し、長房のまちを『魅力的な楽しいまち』に再生することをめざします」と馬目さん。工期は今年10月から21年4月までで、2棟の建物に食品スーパー(スーパーアルプス)、ホームセンター(カインズホーム)などの物販店舗、フィットネス、美容などのサービス店舗、内科、小児科などの医療施設、そして福祉施設、交流スペース、プレイパークなどが導入予定となっている。

 平塚さんは「このプロジェクトのスタートには心から歓迎しています」とし、「アルプスさんは地元の町会、自治会と密接に連携している存在。『新しいまち』ができ、便利で暮らしやすくなるといいですね」と喜んだ。都の都営住宅経営部ではスーパーアルプスについて「地元企業ならではの経験を生かし、より優れた事業の実施を期待します」と話した。

 なお賃貸借の期間は19年10月から51年9月までとなっている。
 

プロジェクトのスタートを喜ぶ平塚さん
プロジェクトのスタートを喜ぶ平塚さん

八王子版のトップニュース最新6

「観光地八王子」目指す

「観光地八王子」目指す 社会

商工会らマイス事業推進

12月12日号

高尾山に新ご当地ソング

高尾山に新ご当地ソング 文化

地元歌手・植松さんが歌う

12月12日号

八王子が「都農業」育成地に

八王子が「都農業」育成地に 社会

来春、「市へも好影響」との声

12月5日号

商店会がリユース食器

プラごみ問題

商店会がリユース食器 社会

スポーツ会場で使用

12月5日号

JCと災害協定

市社会福祉協議会

JCと災害協定 社会

スピード、専門性に期待

11月28日号

市長選 説明会に2陣営

市長選 説明会に2陣営 政治

現職、元市議が出席

11月28日号

戻りたい「大好き」恩二小

戻りたい「大好き」恩二小 教育

台風被害 通えず他校へ 

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク