八王子版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

八王子商工会議所 樫崎体制、今月スタート 「会員増強目指す」

経済

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
「“良いことは取り入れる”方針でやっていきたい」と話す樫崎氏
「“良いことは取り入れる”方針でやっていきたい」と話す樫崎氏

 市内企業、約3700社が加盟する八王子商工会議所の新しい会頭に今月、美ささ不動産株式会社(散田町)代表取締役の樫崎博氏が就いた。会議所の機能、魅力を高め、会員企業の増強を図っていきたいと意気込みを語っている。

 現在、74歳の樫崎氏は織物業にあたっていた美ささ不動産の前身企業に1972年に入社後、77年から長らく不動産業に従事し2002年から現職。同社の規模拡大に貢献してきたほか、07年からは会議所の議員として活動し、13年より副会頭を務めてきた。

 今回の就任について樫崎氏は「肩に力をいれず、まずは淡々と前会頭の引き継ぎを行っていきたい」と話している。

入会促進図る

 目指すのが会員企業の増強だ。96年に5400社を超えていた加盟数は現在、約3700社。街全体の企業数に占める入会率は他市などと比べても低いとし、入会促進のため、会議所の機能を高めていきたいとする。

 その具体策の1つが、会員企業の求人支援の強化。ハローワーク八王子(子安町)などと組み、現在、都心で働いている八王子在住者らに対して、定年を前に地元の会員企業で働く道をつくる流れを構築したい考えがあるのだという。

 「需要はあると思う。このような人材獲得の仕組みをつくり、”八王子モデル”として全国へ発信していくことも考えています」と樫崎氏。また他にも、八王子の大学などに通う学生を取り込むため、市内企業に就職すると八王子市から学生におくられる現行のインセンティブとは別の奨励金を出すことを会議所として検討しているところと話す。

 一方で、樫崎氏は「会議所の魅力を広く周知していく必要がある」とも。加盟すると会議所の事務所で弁護士らに対して経営相談をすることができる現行のメリットなどの周知を徹底していきたい、と力を込める。

八王子を一番に

 樫崎氏を支えるのが、「何でも八王子を一番に」したいという思いだ。生まれ育った街に注目が集まり、市民が今よりも街に誇りをもてるようになればと話す。「マイナスの事柄以外でね。”良いことは取り入れる”という柔軟な方針でやっていきたい」

副会頭2人も

 今回の役員改選により、樫崎氏のほか、副会頭も2人が新任となった。以下、敬称略

【副会頭】安藤謙治(再任・安藤物産)清宮仁(再任・テージーケー)吉野孝典(新任・吉野化成)下田直啓(新任・八王子交通事業)

「新会頭を支えられるよう、皆様のお役に立てるよう努めていきたい」
「新会頭を支えられるよう、皆様のお役に立てるよう努めていきたい」
「会頭のもと、八王子の発展に貢献していきたいと思います」
「会頭のもと、八王子の発展に貢献していきたいと思います」

八王子市斎場見学&懐石ランチ

懐石ランチ無料。長寿の卵プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

八王子版のトップニュース最新6

八王子が「都農業」育成地に

八王子が「都農業」育成地に 社会

来春、「市へも好影響」との声

12月5日号

商店会がリユース食器

プラごみ問題

商店会がリユース食器 社会

スポーツ会場で使用

12月5日号

JCと災害協定

市社会福祉協議会

JCと災害協定 社会

スピード、専門性に期待

11月28日号

市長選 説明会に2陣営

市長選 説明会に2陣営 政治

現職、元市議が出席

11月28日号

活動通し障害者応援

市内高校生ら

活動通し障害者応援 社会

点字翻訳やドローンで

11月21日号

戻りたい「大好き」恩二小

戻りたい「大好き」恩二小 教育

台風被害 通えず他校へ 

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク