八王子版 掲載号:2020年2月27日号 エリアトップへ

西寺方町在住フリーライター 朗読でつながりを 来月、初沢町で初の催し

社会

掲載号:2020年2月27日号

  • LINE
  • hatena
制作したチラシを手にする中村さん
制作したチラシを手にする中村さん

 皆で朗読を楽しむイベントが来月20日(祝)・21日(土)・22日(日)の3日間、八王子市の市民企画事業として初沢町の大光寺で開催される。「新たな地域コミュニティの場になれば」と主宰する西寺方町に住むフリーライターの中村章江さんは話している。

 今回が初開催。元々、大光寺などで朗読会を開いてきた中村さんがどんな人でも立ち寄れる「新たな居場所」をつくりたいと企画し、当日は中村さんのほか、5つの市民グループが出演。山本周五郎の「二粒の飴」や志賀直哉の「転生」など、現代文学を中心とした15話が披露される予定という。「より多くの方がつながれる催しにしたいと思います」と中村さんは笑顔をみせている。

恩返しを

 開催の背景にあったのが「自分の住む地域へ恩返ししたい」という中村さんの思いだ。以前、音響メーカーの広報担当をしていた際、勤務する会社の社会貢献活動について考えるなか、自分は個人として地域に何もできていないと感じたことが、今回のイベント開催につながるのだという。

 音響メーカーを退職後、縁あって始め、その魅力に引きつけられた朗読。「私にもできること。多くの方に朗読を楽しんでもらうことは地域貢献につながると思いました」と5年前から個人で朗読会を開いてきた中村さん。朗読は参加者が共に非日常の世界を味わうことで「一体感」が生まれやすいものと考えているのだという。「もちろん、中身のとらえ方はそれぞれで良いんです。読み手によって異なる間の取り方などを楽しんで頂ければと思います」

 今回、他の市民グループにも声をかけ、より大きな催しとして開催するのは、朗読を八王子に広めたいという思いがあるのだという。「八王子は朗読会を開催している団体は多いのですが、どこで会が開かれているといった情報が少ないんです。今回のイベントが八王子に朗読が広まるきっかけになれば」。会は各日とも2部制(入替制50席)で午後1時30分から午後5時30分。入場無料(予約不要)。古本市などもある。問い合わせは中村さん080・3445・7386へ。

「夜桜も楽しんで」

 朗読会が開かれるのが、桜の名所として知られる大光寺。「元々、お寺は寺子屋など読み聞かせする場所として使われてきたところ。ご縁があり場所を提供することになりました」と松村光純住職=写真。朗読を聴いた後は当寺の夜桜を楽しんでいって下さいと話している。

八王子版のトップニュース最新6

「LGBTについて知って」

「LGBTについて知って」 社会

市内で取り組み活発化

4月2日号

住宅地に群生

片倉城跡のカタクリ

住宅地に群生 社会

「名所」定着 一方で悩みも

3月26日号

小仏川に古生代の化石か

小仏川に古生代の化石か 文化

棘皮動物「ウミユリ」と推測

3月26日号

地域 ブランド化し発信

商店会NPO

地域 ブランド化し発信 文化

グッズ等製作 魅力向上へ

3月19日号

「人の魅力」伝え70年

元八王子町新制作座

「人の魅力」伝え70年 文化

市内高校生らに指導も

3月19日号

コロナ 終息願い

産千代稲荷神社

コロナ 終息願い 文化

「できることを」 特別神事

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク