八王子版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

“優しいリーダー”を育成したい

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
まじめな学生が多いと話す西原管理部長
まじめな学生が多いと話す西原管理部長

(西原)「その緑地では今年ももうじき、学生らは地域の皆さまと一緒にタケノコ掘りをするのではないかな。地域の方から教わった掘り方を子どもたちに教えるなど、学生にとって学びの多い機会になっているようです」

 ――大学構内は一般開放されているんですね

(山下)「はい。入試の時などを除いて開放しています。大学内のレストランなどは地域の方にも人気のようです。保育園の子どもたちがお散歩にやってくることもありますね」

(西原)「私はジョギングをしている方を見かけたことがあります。大学では標本などの一般向けの展示会を開催することもあります。気軽に立ち寄って頂ければと思います」

 ――地域の拠点として期待が高まっています

(山下)「ありがたいことです。ただやはり我々の使命はより優秀な学生を社会へと送り出すこと。当大学らしい話し合いながら解決策を導けるリーダーを輩出することが1番の社会貢献と考えています」

(西原)「うちの学生はまじめな子が多いからね。”優しいリーダー”を生みたい。上野淳学長もよくおっしゃっていることです」

(山下)「地方から当大学へ入学する学生は八王子で暮らすことが多いのですが、街の環境を気に入っているという声を聞きます。これからも地元の皆さまには、温かい目で学生を見守って頂ければと思います」

「うちは変えません」

 そんな首都大学の名称変更により、「どうなるの?」と密かに話題となっているのが大学構内の定食屋さん「トムの食堂と売店」。実は同店、英語で首都大学東京を表すTokyo Metropolitan Universityのそれぞれの頭文字、T・M・Uからトムという名称をつけたことから、「トムさんも名前を変えるのでは」と注目されているのだ。

 店主の渡邉正博さんは「変えませんよ。皆さんに認知されていますし」と笑顔。ただ同店は昨年、営業時間を入試時などを除いて「休みなし」にし麺類を取り扱うようになるなど、”中身”は大幅にリニューアル。「多くの方に喜んでもらいたいだけですよ。一般の方も大歓迎です」と渡邉さん。そして、3月中は子ども連れのお客さんに対し全メニュー100円引きで提供します、とも話している。

地域交流の場にもなっている大学構内
地域交流の場にもなっている大学構内
中身はリニューアルしたトム
中身はリニューアルしたトム

八王子版のローカルニュース最新6

10月に初のギター写真集

人物風土記関連

10月に初のギター写真集 文化

9月16日号

植物画80点

19日まで展示

植物画80点 文化

9月16日号

初のオンライン開催

初のオンライン開催 文化

JCI八王子 1年で最大のイベント

9月16日号

「てくポ」始まる

八王子市

「てくポ」始まる

9月16日号

「高齢者こそデジタル」

孤独を救い、命を守る

「高齢者こそデジタル」 社会

「壱拾百千万の会」 深津孝雄さん

9月16日号

21日TV出演

Tシャツデザイン画100選

第19回「Tシャツデザイン画」100選入選者、入賞者の発表

https://hachioji.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook