八王子版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

司会業で、9月21日から左入町で写真展を開催する 大川 麻理(まり)さん 八日町在住 58歳

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

アサリちゃん、八王子に

 ○…バレエ教室のMCをしていたとき、楽屋裏の子どもたちの表情やその雰囲気が良く、どうしても撮ってみたいと思った。「それが最初のきっかけです」。同じく撮影する夫の「付き添い」というが舞妓さんの美しい描写は大手新聞社の賞を受賞したことも。「人を撮るのが好きで。撮る際は大きな声であいさつを心掛けます」。ここ数年はこの時期に個展を開くことが恒例となっている。

 ○…大阪府の出身。「早く就職したい。バリバリ働きたい」と商業高校へ進学、銀行へ入行。クレーム処理も担当し、まさに「バリバリ」活躍したそう。結婚を機に退職し千葉へ。演劇に興味がありエキストラのバイトを始めた。「大河にも出たことがあるんです」。その後、地元のケーブルテレビから声がかかった。千葉の特産品と高校時代のニックネームからレポーター「アサリちゃん」に転身。4年半の間、毎日テレビに映っていたほどで、街中で握手やサインを求められることもあったそう。

 ◯…夫が脳梗塞で倒れ半身不随に。医師はリハビリにと趣味を持つことを薦めた。だが大好きだった絵は手が震えて描けない。そこで始めたのが写真。一人では移動が困難なため「付き添い」で各地を回り一緒に撮った。県民展に出すようになって5年目に2位を受賞。「主人は悔しがって。2年後にグランプリを取りました」

 ○…9年前に癌を患いステージ3まで悪化した。治療は今年1月まで続いた。あえて打ち明けるのは「同じような境遇の人の励みになれば」。八王子へ移ったのは環境の良さを求めて。「人情味あふれる人が多い」とお気に入りのよう。夢は写真集を出すこと。もうひとつは八王子まつりで司会を担当することだ。

八王子版の人物風土記最新6

坂本 多佳子さん

若手演奏家を派遣する事業を展開し、このほど映像作品の制作に取り組んだ

坂本 多佳子さん

大磯町在住

2月25日号

フォファナ・ママドゥさん

B3リーグに所属するプロバスケチーム「東京八王子ビートレインズ」に入団した

フォファナ・ママドゥさん

市内在住 23歳

2月18日号

岡部 眞弓さん

3月に市内でコンサートを企画する夢空間ラ・ムシカの代表を務める

岡部 眞弓さん

椚田町在住 70歳

2月11日号

今村 博明さん

地域文化功労者表彰を受けたバレエ団(株)B.シャンブルウエストの総監督を務める

今村 博明さん

上野町在住 70歳

2月4日号

清水 香さん

「“もしも”に備える新しいお金の使い方」を出版した

清水 香さん

八日町在住 52歳

1月28日号

角山(つのやま) 貴之さん

八王子を拠点に活動し、三段跳びで東京オリンピックへの出場を目指す

角山(つのやま) 貴之さん

江東区在住 35歳

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

お問い合わせ

外部リンク