八王子版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

元八王子市川さん 手づくり弦楽器を展示 80歳を前に初 9日から

文化

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena
堤琴工房クレモーナでバイオリンの調整をする市川さん
堤琴工房クレモーナでバイオリンの調整をする市川さん

左入町家具店で

 元八王子町在住の元学校長、市川武邦さん(79)がバイオリン、ビオラなど「手づくり弦楽器」の個展を開催する。あさって1月9日(土)から18日(月)までで、会場は左入町にある家具店「村内ファニチャーアクセス」内「サロン樫の木」。10日(日)の午後2時からはミニコンサートが開かれ市川さんも演奏する。市川さんは「私自身もどんな音色が聞けるかとても楽しみ。かつての教え子たちにも会えたら嬉しい」と話す。

音楽、工作好きの少年

 市川さんは子どもの頃から音楽、クラシックが好きな少年だった。バイオリンとの出合いは中学1年のとき。音楽の授業で教諭の演奏を聞き、心を打たれた。「美しい音色、美しいフォルム。この世にこんなに素晴らしいものがあるのかと感動しました」

 一方、木工細工も好きで小学校の頃は、肥後守(小刀)が遊び道具だった。成人してからも木材から削って作るソリッドモデル(模型)や竹細工に没頭した。

50歳から制作

 小学校の校長になった50歳のとき、たまたま同僚からバイオリン制作の本を紹介された。読んでみるとこれまでの木工経験から「自分でもできそう」と思い、その日のうちに筆者に電話をしたそう。「バイオリンづくりなんて、素人が手を出せるようなものではないと考えていました。それが『できるかもしれない』と思ったらとても興奮しました」。以後、毎週日曜日、西所沢にある筆者で制作者の工房まで通い、技術の習得に努めた。

「90まで頑張る」

 退職したその次の日から1年間、さらに修行を積んだのち、自宅を改造し工房を構えた。現在は「年に1、2挺」作る傍ら、修理や指導も行っている。バイオリン制作について市川さんは「楽器の中は空洞なので構造自体は簡単。ただ、いい音色になるよう、よく振動するように作るのは大変」と話す。常に「より美しく、より響く」を心がけており、「かのストラディバリは93歳まで作り続けたそう。自分もせめて90歳までは頑張りたい」としている。

演奏も披露

 今回の個展は市川さんが春に80歳を迎えることを機に企画された。これまで手掛けたバイオリン7、馬頭琴3、ビオラ2、チェロ1、合計13挺を展示する。市川さんは高校の頃から演奏を学んでおり、都の交響楽団や八王子市のオーケストラで活躍した実績もある。ミニコンサートでは家族、仲間と一緒に披露する。市川さんは「ここまで打ち込めるものがあった自分はラッキー。期間中はかつての教え子たちに会うのも楽しみ」と話した。

 市川さんの個展「手づくり弦楽器展」についての問い合わせは同店【電話】042・691・1211の店舗代表電話から担当の源原(みなはら)さんを呼び出す。
 

「お気に入り」という1枚裏板(ワンピース)のバイオリン。5、6年ほど前に手掛けた
「お気に入り」という1枚裏板(ワンピース)のバイオリン。5、6年ほど前に手掛けた

八王子版のローカルニュース最新6

飲食店の人は無料

パーソナルジム

飲食店の人は無料 社会

トレ4回分 「気分晴らして」

1月14日号

劇団新制作座泥かぶら上演

ラジオ愛 1冊に

人物風土記関連

ラジオ愛 1冊に 文化

1月14日号

税の標語入賞作品

開幕戦が中止に

ペット番組スタート

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

お問い合わせ

外部リンク