八王子版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

八王子を拠点に活動し、三段跳びで東京オリンピックへの出場を目指す 角山(つのやま) 貴之さん 江東区在住 35歳

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena

「可能性」が陸上の魅力

 ○…ランキング1位で臨んだ2013年の日本選手権。世界陸上の標準記録を超える大ジャンプはファールとなり幻の記録となった。優勝できなかったことで一時は陸上を辞めることを考えた。しかし、その年の9月に東京オリンピック開催が決定。「その時は35歳になっている。最後の挑戦がしたい」と再び闘志を燃やした。そして迎えた2020年の大会は新型コロナウイルスの影響を受けて中止になった。

 ○…ショックは大きかったが、その年の夏から秋にかけて、自身がコーチする小学生がコロナ禍に特別に開かれた大会で好成績を収めたり、大学時代の同期が資金を支援してくれるように。そこから前を向けるようになったという。年末にはクラウドファンディングにも取り組んだ。コーチ経験を生かした走り方教室などをリターン品としたユニークな取り組みも評判を呼び、199人が支援をした。

 ○…小学生の頃に走り幅跳びで区の記録を更新するなど、運動神経は抜群だった。競技を続けていく中で、大学ではもっとも得意だった三段跳びを選んだ。「好きとかではなく、勝てる可能性があるから」。それが陸上の魅力でもあるという。「陸上は裾野が広い。色々な子に可能性がある。好きになれる競技を見つけてほしい」。現在、週の半分は八王子市内で小中学生に走り方教室で指導するなど、後進の育成にも力を注ぐ。

 ○…「オリンピックの三段跳びは世界で32人しか出られない夢の大舞台」。ランキングを上げるために必要な試合はコロナでほとんど中止。現実的な選択肢は世界選手権参加標準記録の17m14を跳ぶこと。自己ベスト16m40。「日本人では誰も出場できないかもしれない。でも、出場の可能性に賭けてみたい」

八王子版の人物風土記最新6

坂本 多佳子さん

若手演奏家を派遣する事業を展開し、このほど映像作品の制作に取り組んだ

坂本 多佳子さん

大磯町在住

2月25日号

フォファナ・ママドゥさん

B3リーグに所属するプロバスケチーム「東京八王子ビートレインズ」に入団した

フォファナ・ママドゥさん

市内在住 23歳

2月18日号

岡部 眞弓さん

3月に市内でコンサートを企画する夢空間ラ・ムシカの代表を務める

岡部 眞弓さん

椚田町在住 70歳

2月11日号

今村 博明さん

地域文化功労者表彰を受けたバレエ団(株)B.シャンブルウエストの総監督を務める

今村 博明さん

上野町在住 70歳

2月4日号

清水 香さん

「“もしも”に備える新しいお金の使い方」を出版した

清水 香さん

八日町在住 52歳

1月28日号

角山(つのやま) 貴之さん

八王子を拠点に活動し、三段跳びで東京オリンピックへの出場を目指す

角山(つのやま) 貴之さん

江東区在住 35歳

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

お問い合わせ

外部リンク