八王子版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

八王子城跡三ッ鱗会 謙信公甲冑 薬王院に奉納 本尊「飯縄大権現」の信仰縁に

文化

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena
左から佐藤貫首、木村さん、金子理事長
左から佐藤貫首、木村さん、金子理事長

 上杉謙信公が所用した「色々威(いろいろおどし)腹巻」を再現した甲冑が7月6日、八王子城跡三ッ鱗会より高尾山薬王院に奉納された。薬王院のご本尊「飯縄大権現(いづなだいごんげん)」は、武将の守護神として謙信公からも信仰され、兜の飾りに使われている。

1年半かけ制作

 奉納したのは手作り甲冑講座などの活動をするNPO法人八王子城跡三ツ鱗会(金子信一理事長)。同会の活動を知った薬王院が「謙信公の甲冑を作れないか」と2年ほど前に相談し、同会の木村隆太さんが1年半かけて制作した。

 当日、護摩修行の後行われた奉納式に同会会員25人が出席。佐藤秀仁貫首が「戦国時代、謙信公は国を守る覚悟を決めて甲冑をつけたと想像できる。ご寄進いただいた甲冑は、困難に立ち向かうための覚悟を表していると受け止め、後世に伝えていきます」と感謝を述べた。金子理事長は「寄進できて良かった。高尾山とご縁ができたことを嬉しく思う」と話した。

 甲冑を制作した木村さんは6年前から趣味で甲冑づくりを行っている。今回、甲冑を構成する小札と呼ばれる板3000個はすべて手作り。鉄板は兜60枚、鎧700枚を使用している。前立て飾りの飯縄大権現は、雑誌を参考とした。粘土で成形し、石膏で型をとり、エポキシパテで作った。木村さんは、「まずまずのいい出来に仕上がったと思う」と話した。

 甲冑は薬王院の方丈殿に展示されている。

八王子版のトップニュース最新6

バスケ選手が「勤務」

バスケ選手が「勤務」 スポーツ

引退後備え 地元で経験

9月23日号

ふるさと納税が好調

八王子市

ふるさと納税が好調 経済

返礼品見直しで7倍に

9月23日号

インターハイ競泳 初優勝

八王子高岡村さん

インターハイ競泳 初優勝 スポーツ

今夏、急成長し自由形で

9月16日号

美談で終わらせないで

「らしい時間」奪われる

美談で終わらせないで 社会

「幼き介護者」 経験者が訴え

9月16日号

私学8校で合同発表会

私学8校で合同発表会 教育

10月 中1生がプレゼン

9月9日号

内水氾濫マップ新しく

八王子市

内水氾濫マップ新しく 社会

独自調査加え 対象地域に

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook