八王子版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

八王子市 熱中症に警戒を 19日、今年初のアラート

社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
八王子駅前の温度計が気温34度を示している=19日撮影
八王子駅前の温度計が気温34度を示している=19日撮影

 東京都で7月19日、今年初の熱中症警戒アラートが発令され、八王子市内でも、35度を超える猛暑日となった。八王子消防署によると7月18日時点の熱中症救急搬送人数は51人で「8月にピークを迎える」予想という。

 熱中症警戒アラートとは、気温や湿度、日差しなどからなる暑さ指数が33以上と予測された場合、国が都府県ごとに発令する。

 東京都内観測地点11カ所のうちの一つ、八王子(元本郷町)では昨年8月、「高齢者は安静状態でも熱中症を発生する危険性が大きい」とされる指数31を超えたのは、25日間。都内観測地点では2番目に多かった。また、指数33を超えた日は9日間だった。

 八王子消防署によると昨年、熱中症による市内救急搬送人数は232人。そのうち8月の救急搬送人数が7割を占めている。同署は「例年通り十分に警戒してほしい」と呼びかける。

高齢者が半数

 同署によると昨年、熱中症による救急搬送件数の半数以上が65歳以上の高齢者だったという。市の担当者は「高齢の方の中には冷房嫌いだったり、水分を取っていなかったりする方もいる。近所やご家族での声の掛け合いが重要」と話す。

 高齢者の見守り活動などを行う「八王子シルバーふらっと相談室松が谷」の室長の溝口宏子さんは「水分を持たずに外出してしまい、危険な状態になっている方を1日1人は見かける」と指摘する。同所は市の事業で、涼める休憩場所を提供する「まちなか避暑地」に登録している。同所の利用は1日約15人ほど。溝口さんは「気兼ねなく涼みに立ち寄ってほしい。飲料は出せないので、外出時は必ず水分を持参して」と話す。
 

来所者にパンフレットで熱中症の啓発を行う溝口さん
来所者にパンフレットで熱中症の啓発を行う溝口さん

八王子版のトップニュース最新6

バスケ選手が「勤務」

バスケ選手が「勤務」 スポーツ

引退後備え 地元で経験

9月23日号

ふるさと納税が好調

八王子市

ふるさと納税が好調 経済

返礼品見直しで7倍に

9月23日号

インターハイ競泳 初優勝

八王子高岡村さん

インターハイ競泳 初優勝 スポーツ

今夏、急成長し自由形で

9月16日号

美談で終わらせないで

「らしい時間」奪われる

美談で終わらせないで 社会

「幼き介護者」 経験者が訴え

9月16日号

私学8校で合同発表会

私学8校で合同発表会 教育

10月 中1生がプレゼン

9月9日号

内水氾濫マップ新しく

八王子市

内水氾濫マップ新しく 社会

独自調査加え 対象地域に

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook