八王子版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

老舗に聞く 八日町の昔と将来

文化

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
店頭に立つ佳世子さん
店頭に立つ佳世子さん

 モダンな外観の店内に一歩足を踏み入れれば、日本の若手デザイナーが手がけた国産にこだわったものや、ヨーロッパの著名なブランドの帽子が出迎えてくれる。八日町にある帽子のセレクトショップ「mon bibi」(萬栄堂帽子店)は、実は来年で170周年を迎える。嘉永5年(1852)に足袋店として始まった老舗。その頃から店舗の場所を変えていない。店主の今福家は武田信玄御親類衆で450年前からこの地に住んでおり、先代の今福栄一氏が戦後まもなく帽子屋を始めた。現在、5代目の一寿さんが引き継ぎ、妻の佳世子さんが主に店を切り盛りしている。

 「最近はマンションも増えて若い人が街を歩いています」。そう話すのは佳世子さん。一時期は老舗が減り、活気も失われた八日町だが、最近では活気が戻ってきたと感じている。「隣の荒井呉服店さんも新店舗になって戻って来たし、新しい店と昔からの店が混在する街、可能性のある街ですよ」

自由な時代に

 昔のような学生帽もなくスーツも無帽になり、「普段着」として帽子をかぶる人は減ったものの、「だからこそ、男性用も女性用も関係なく、好きなものや似合うものを自由に選び、楽しまれる方が増えました」と佳世子さん。

八王子版のローカルニュース最新6

「戦時下の生活」展示

「戦時下の生活」展示 社会

はちはく 9月14日まで

8月18日号

「千貫みこし」3年ぶり巡行

多賀神社

「千貫みこし」3年ぶり巡行 文化

12町会の安全を祈願

8月18日号

名曲をクッキング

名曲をクッキング 文化

「TSUKEMEN」秦野公演

8月18日号

八王子高2選手 決勝に

高校総体 陸上

八王子高2選手 決勝に スポーツ

女子 400mハードル・走幅跳

8月18日号

川口の魅力を学ぶ

川口の魅力を学ぶ 文化

全3回講座 9月から10月

8月18日号

手が痛くても大丈夫

手が痛くても大丈夫 文化

前結び着方教室 9月新規生募集

8月18日号

あっとほーむデスク

  • 8月18日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook