八王子版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

困窮家庭に食品配送 フードバンク 希望者多数

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
フードバンク八王子による食品配送の様子=同団体提供
フードバンク八王子による食品配送の様子=同団体提供

 市内のフードバンクでは収入が減るなど経済的な理由で「食に不安を持つ」家庭に、食品を配送する取り組みを行なっている。この秋も2つの団体がそれぞれ実施。いずれも多くの応募が寄せられた。

ひとり親「生活厳しい」

 フードバンクは企業などから寄贈された食品を、必要としている施設や団体、困窮世帯に無償で提供する活動(団体)のこと。「配送」の取り組みについては市内では中町にあるフードバンク八王子(以下八王子)と、横川町にあるフードバンク八王子えがお(以下えがお)がこれまで複数回、継続的に行っている。

 八王子は10月の10日間で、「中学生以下の子どもがいる」家庭を対象に、希望者を募った。今回も「児童扶養手当、または就学援助を受給している家庭」を優先とした。

 150枠に対し268世帯の応募があったそう。食品はすでに配送した。事務局では「過去2回より応募数は若干減りました。おそらく一部の困窮しているひとり親世帯が固定化している」とし、来年3月にも実施する予定。ただ、「私たちの力では150世帯が限界。一定の基準に従って絞らざるをえない」としている。

 えがおは11月の10日間で募集をした。対象は中学生以下の子どもがいて就学援助または児童扶養手当を受けている、あるいは高校生の子どもがいて児童扶養手当を受けているひとり親家庭など。

 応募は151世帯からあった。市が発行するひとり親世帯向けのメールマガジンを通じて広報していることもあり、申込の9割以上がひとり親世帯だったそう。

 届いたメッセージには「コロナの影響で収入が減った」「失職した」などの記入が複数あり事務局は「緊急事態宣言が解除されても厳しい生活状況は変わっていないことがわかった」と話した。食品は12月に配送する。

 なお配送食品はそれぞれ米やカップ麺、レトルト品など。奉仕団体による寄贈や協力団体による募金で購入したもの。

 政府の統計データによると、日本のひとり親世帯の半数以上が「相対的貧困」の状態にあると言われている。取材の中で、2人の子どもを持つあるひとり親世帯の女性は「缶詰ひとつでも本当に助かります。『ほんのちょっと』もありがたいです」と実情を話した。

フードバンク八王子えがおによる活動の様子=同団体提供。食品は自然派くらぶ生協などからの募金で購入している
フードバンク八王子えがおによる活動の様子=同団体提供。食品は自然派くらぶ生協などからの募金で購入している

八王子版のトップニュース最新6

100歳 健康の秘訣は踊り

100歳 健康の秘訣は踊り 文化

台町の舞踊教室通い、40年

8月18日号

新たな医療支援拠点に

八王子市保健所

新たな医療支援拠点に 社会

今月1日、合同庁舎で始動

8月18日号

100年の歩み、脈々と

八南歯科医師会

100年の歩み、脈々と 社会

八王子など4市 373会員に

8月11日号

八王子市が都内初

日本子育て支援大賞

八王子市が都内初 社会

大学教員の講座など評価

8月11日号

小中生、SNS方針へ提言

小中生、SNS方針へ提言 社会

市教委 新サミットに74人

8月4日号

「浴衣で、まち巡って」

八王子七福神会

「浴衣で、まち巡って」 文化

8カ所 初の夏開催

8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月18日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook