八王子版 掲載号:2022年1月6日号 エリアトップへ

八王子インター北 イオンモールが出店 2025年春開業予定

社会

掲載号:2022年1月6日号

  • LINE
  • hatena
イメージパースを持つ石森市長(左)と岩村社長
イメージパースを持つ石森市長(左)と岩村社長

  イオンモール株式会社は12月22日、八王子インター北地区(滝山町)に複合商業施設を出店することを発表した。同社はスーパーの実店舗とオンラインスーパーの拠点が併設する「次世代型」施設を掲げ、2025年春に一部開業を目指す。

 同地区は中央自動車動八王子インターチェンジに近接し、新滝山街道、ひよどり山道路に接する。市の基本計画では、北部の地域拠点に位置づけられている。敷地面積は約10万2000平方メートル。

 2023年春に着工し、25年春に第一期、26年に第二期の開業を予定。実店舗のスーパー、オンラインスーパーの拠点、シネマコンプレックス、障害者スポーツ対応施設、向かいにある道の駅「八王子滝山」と連携した飲食店などを計画している。

市長「雇用も期待」

 市とイオングループは12月22日、記者会見を実施した。石森孝志市長は、「社会情勢が大きく変わり計画が見直される経緯があった」と当初の予定から遅れたことについて触れ、「大変嬉しくほっとした。雇用も含め八王子全体の活性化につながれば」と期待した。

 イオンモール株式会社の岩村康次社長は「新しい時代に向け、モールを作るだけではない形を検討していた。新しい生活基盤を提供する地域の拠点づくりに取り組みたい」と語った。

地元野菜配送も

 オンラインスーパーの拠点はAIやロボットによる自動大型倉庫となる。緻密な温度管理や宅配システムにより、生鮮食品を含めた日用品の提供が可能になるという。

 イオンネクスト準備(株)の牛嶋信滋さんは「朝、収穫した野菜をその日のうちに届けることもできる。この地域で栽培されているものを積極的に取り入れたい」と構想を話す。また、岩村社長は「道の駅と融合し、地域を盛り上げることが重要。実店舗のスーパーは生鮮より冷凍に注力するなどの品揃えを検討したい」という。

八王子版のトップニュース最新6

「やる気ボタン」社歌で押す

島田電機製作所

「やる気ボタン」社歌で押す 文化

楽曲制作、配信を開始

5月19日号

市内開設、可能性探る

インクルーシブ公園

市内開設、可能性探る 社会

有志主催 意見交換に40人

5月19日号

5カ年で2.5km開通へ

八王子南バイパス

5カ年で2.5km開通へ 経済

16号と圏央道、接続向上

5月12日号

地道な活動に光、60年

八王子親切会

地道な活動に光、60年 社会

思い寄せ、記念誌を発行

5月12日号

世界の人招き100回

八王子国際協会

世界の人招き100回 社会

「ふれあいタイム」 記念誌に

5月5日号

ラジオドラマで共演

八王子実践高東特別支援高

ラジオドラマで共演 社会

社会共生掲げ、NPOが企画

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook