八王子版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

東浅川小島村君 フェンシング 全国Ⅴ 小学3・4年の部で

スポーツ

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena
金メダルを首にかけて構える島村君
金メダルを首にかけて構える島村君

 第7回全国小学生フェンシング選手権大会が先月、世田谷区で開催され、東浅川小4年の島村大翔(まさと)君が小学3・4年生の部で初優勝を果たした。島村君は「嬉しくてたまらない」と喜びを口にした。

「五輪メダル重み知りたい」

 同大会は公益社団法人日本フェンシング協会が主催。小学3・4年生の部は、男女別にフルーレ個人戦で行われ、男子の部は73人が出場した。

 今回が初の全国大会だった島村君は「優勝トロフィーには、名前が刻まれるので嬉しい」と語った。

 印象に残るのは、準々決勝戦。10ポイント先取の試合で、9対9の接戦となる展開に。当時の様子を「フェンシングは流れがある。冷静に相手の動きを見ていた」と振り返る。勝敗がついた瞬間は「あんまりにも嬉しくて、記憶にない」そう。

 父親の大輔さんによると島村君は接近戦を得意とするスタイル。「複雑なルールをよく理解し、試合に緊張しないことが強み」だという。

仮面ライダーに憧れ

 島村君がフェンシングを始めたのは1年生の終わり。きっかけは夢中になっていた仮面ライダーだった。剣で敵と戦う姿に憧れ、段ボールのお手製の剣で遊んでいた。

 武道に興味があると思った大輔さんは、空手や剣道の体験会へ参加させるも「痛そう」と躊躇していた島村君。市内の「八王子フェンシングクラブ」の練習を見た瞬間、「本物の剣だ。絶対やる」と即決したそう。

 練習は、週1回通うクラブのほか、大輔さんを相手に自主練習を毎日。憧れの選手は「いない」が、遠征先で一緒になる日本代表選手に影響を受けている。今年開催される同大会小学5・6年の部で掲げる目標は「ベスト8以内」。同協会から海外遠征候補選手として推薦されるからだ。「ジャパンのユニフォームを着て、海外の大きい選手と対戦したい」と語り、「オリンピックのメダルはどれくらい重いのかかけてみたい」と、意識は世界に向く。

 また、競技人口も増やしたいという。現在、同クラブに所属する小学生は3人。「もっと仲間が増えれば、団体戦にも出場できる」と話した。

八王子版のトップニュース最新6

夫婦で紡いだ絵画展

明神町秋山さん

夫婦で紡いだ絵画展 文化

日本画と水墨画 26点集う

5月26日号

3市連携が国事業に

八王子市

3市連携が国事業に 社会

相模原・町田と圏域調査

5月26日号

「やる気ボタン」社歌で押す

島田電機製作所

「やる気ボタン」社歌で押す 文化

楽曲制作、配信を開始

5月19日号

市内開設、可能性探る

インクルーシブ公園

市内開設、可能性探る 社会

有志主催 意見交換に40人

5月19日号

5カ年で2.5km開通へ

八王子南バイパス

5カ年で2.5km開通へ 経済

16号と圏央道、接続向上

5月12日号

地道な活動に光、60年

八王子親切会

地道な活動に光、60年 社会

思い寄せ、記念誌を発行

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook