八王子版 掲載号:2022年2月17日号 エリアトップへ

八王子市 脱炭素化に19億円 新年度予算案

経済

掲載号:2022年2月17日号

  • LINE
  • hatena
予算案を発表する石森市長
予算案を発表する石森市長

 八王子市は2月10日、2022年度の当初予算案を発表した。同日、市が宣言した「ゼロカーボンシティ」関連事業に19億4600万円を計上し、脱炭素社会の実現を目指す。新型コロナウイルス感染対策や、子育て世帯への支援なども盛り込む。

市税は増加

 一般会計は2083億円で前年度比126億円減。個人や法人市民税などの市税は902億円で前年度から48億円増加した。

 同日、八王子市は二酸化炭素排出実質ゼロを目指す自治体「ゼロカーボンシティ」を宣言した。これは環境省による「2050年に二酸化炭素を実質ゼロにすることを目指す旨を公表した自治体」のこと。

 その宣言に関連し新年度予算案には、「市地球温暖化対策地域推進計画」の改定に1200万円を盛り込む。公用車用に電気自動車を導入するなど9100万円を計上。住宅や事業所に太陽光発電システムを設置する市民や事業者への費用の一部補助に3900万円を充てる。

 建設中の新館清掃工場は2億4700万円を計上する(2月補正予算31億9600万円)。廃棄物発電による余剰電力の売電と自己託送による地産地消を図る。石森孝志市長は「脱炭素社会に向け、これまで以上の省エネ、再生可能エネルギーの導入が必要となる。オール八王子で取り組んでいきたい」と話す。

子育て、福祉も

 石森市長は「八王子ビジョン2022の最終年度を迎える、総仕上げに向けた取り組み」と位置づけ、子育てや福祉に注力する。

 人工呼吸器を装着する障害児など、医療的ケアを必要とする子とその家族を支援する「医療的ケア児等コーディネーター」の配置に400万円計上。また、おたふく風邪ワクチン接種の無償化に4900万円を充てる。1歳と小学校就学前1年間の子どもを対象に自己負担額3000円が無償となる。

保健所の体制強化 

 新型コロナウイルス感染症対策として、保健所の体制強化を図る。

 感染が拡大した場合でも、健康観察が行えるよう、事務業務の一部を委託する委託料として2億8900万円を計上。また、8月1日に予定する東京都立産業交流センター「東京たま未来メッセ」への保健所移転に2億600万円を充てる。

八王子版のトップニュース最新6

八王子の連絡会 独立

マンション管理組合

八王子の連絡会 独立 社会

15年目、新体制で再始動

6月30日号

アナウンスで選挙啓発

実践高校松田さん

アナウンスで選挙啓発 社会

投票呼びかけ「放送聞いて」

6月30日号

医療刑務所跡地を初公開

八王子駅南口

医療刑務所跡地を初公開 経済

拠点整備前に機運高め

6月23日号

地域の財産「知って」

ハチオウジゾウ

地域の財産「知って」 社会

発掘現場で源原さん講義

6月23日号

「15話」で伝える原発事故

「15話」で伝える原発事故 文化

初沢町の喫茶店 写真集う

6月16日号

「東京手仕事」で入賞

元横山町石塚染工

「東京手仕事」で入賞 文化

江戸小紋バッグ 共同開発

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook