八王子版 掲載号:2022年3月24日号 エリアトップへ

音楽家姉妹 ウクライナに支援を 現地拠点 公演で呼びかけ

文化

掲載号:2022年3月24日号

  • LINE
  • hatena
えりかさん(右)とゆりえさん
えりかさん(右)とゆりえさん

 ウクライナを音楽活動の拠点とし現在、山田町に暮らすピアニストの姉妹・嘉村えりかさん(30)とゆりえさん(27)の2人によるウクライナ支援コンサートが各地で行われている。八王子でも5月をめどに検討が進んでいる=中面に関連記事。

 姉妹は2月24日に始まったロシアによるウクライナ侵攻から、これまでに3、4回の支援コンサートを実施している。

 ドイツ国立エッセン音楽大・大学院を主席で卒業した姉のえりかさんと、東京藝術大学音楽学部を卒業した妹のゆりえさん。音楽の師に誘われ、2018年からキエフ(ウクライナ)の音楽院に通うかたわら、ピアニストとして活躍してきた。

2カ月のつもりが

 コロナ禍によってウクライナでも演奏活動ができなくなり、帰国したのが20年の秋だった。「最初は2カ月でウクライナに戻る」つもりでいたが、コロナによる影響が長引き、そのような所にまた、ロシアによる侵攻が始まったために日本にいる状態が続いている。「今も住所はキエフのシェアハウスです。荷物もほとんど置きっぱなし」とえりかさん。

 帰国後も、ウクライナ大使館と連携して記念事業などに参加してきた。これまでも2人で連弾をすることはあったが、帰国後は「カノンデュオシスターズ」として活動を展開している。

「情熱が強い」

 姉妹は日本語講師としても現地の人たちと触れ合ってきた。「ウクライナの人たちは日本文化が大好きで、すごく親日なんです。特に日本の漫画やアニメは好まれていますね」とえりかさん。侵攻後も現地の友人とメールなどで連絡をとっている。「物資不足で困っているようです。スーパーは壊され、物資はロシア兵が持って行ってしまうようで」。有事を想定して造られた「大江戸線より深い」という地下鉄を多くのウクライナ人がシェルター代わりにして生活しているという。「ウクライナは歴史的に昔から、侵略を受けることが多かった国なんです」。そんな悲惨な歴史があるからこそ、独立(1991年)後は「自由な国を創ろう」という思いで、「国の危機は自分の危機という内に秘めた情熱が強い」と話す。

 現在、自分たちにできることとしてチャリティーコンサートを精力的に行っている。4月の公演では売上を全額、キエフのNGOに寄付する。「多くの人に知ってもらい、ウクライナを応援していただければ」。

 現在、市内でも医療関係者が中心になって5月にウクライナ支援のチャリティーコンサートを開催する構想がある。そこで演奏する予定だ。

八王子版のトップニュース最新6

医療刑務所跡地を初公開

八王子駅南口

医療刑務所跡地を初公開 経済

拠点整備前に機運高め

6月23日号

地域の財産「知って」

ハチオウジゾウ

地域の財産「知って」 社会

発掘現場で源原さん講義

6月23日号

「15話」で伝える原発事故

「15話」で伝える原発事故 文化

初沢町の喫茶店 写真集う

6月16日号

「東京手仕事」で入賞

元横山町石塚染工

「東京手仕事」で入賞 文化

江戸小紋バッグ 共同開発

6月16日号

多摩織工芸館が誕生

桑都物語協議会

多摩織工芸館が誕生 文化

繊維貿易館3階に新拠点

6月9日号

すごろく SDGs身近に

JCI八王子

すごろく SDGs身近に 教育

八王子独自ルールで製作

6月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook