大和版 掲載号:2013年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

友の支えで20年 大和出身の落語家が節目

40人の観客を前に落語を披露した林家かん平さん
40人の観客を前に落語を披露した林家かん平さん

 病に倒れ、後遺症が残る中、高座に立ち続けてきた大和市出身の落語家・林家かん平さん(64)。友人らに支えられ、20年前からつきみ野学習センターで続けてきた「林間楽語会」が、今月17日の開催で節目の40回を迎えた。

 かん平さんは1990年に脳出血で倒れた。右半身不随などの後遺症に悩まされながらも、2年後にリハビリを兼ねて高座に復帰。テレビなどメディアでも取り上げられ、話題となった。

 その姿を見た林間小学校の同級生・児玉勝道さん(64)らが93年に林間楽語会実行委員会を結成。年2回のペースで落語会を開いてきた。かん平さんは「友人らのおかげで節目を迎えることができました。もちろん来年以降も、地元での高座を続けていきたいですね」と話していた。
 

大和版のローカルニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク