大和版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

最大4分差を逆転 大和北A、貫録のV3 第60回大和市駅伝競走大会

スポーツ

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
万歳でゴールする「大和北A」吉川選手
万歳でゴールする「大和北A」吉川選手

「後半追い上げ」の作戦的中

 第60回大和市駅伝大会が14日、大和なでしこスタジアムとその周辺をコースに開催され、「地区対抗の部」で大和北Aが、最大4分以上あった差を逆転し、3年連続の優勝を果たした。

 大会は「地区対抗の部」と高校生以上で全員が5Km・22分以内の走力を持つ「一般A」が6区間・約32Kmで、高校生以上で走力条件のない「一般B」と「中学生の部」が5区間・約13Kmで争われた(小学生チームによる「ちびっ子の部」は5区間・1・6Kmで行われたが順位付けしない)。

 「地区対抗の部」で2連覇していた大和北Aは、能渡信也総監督が、事前の選手たちへのヒアリンクで、前年までの「先行逃げ切り」のレース展開は厳しいと判断。アンカーに高校生の吉川大智選手を据える「後半追い上げ型」で臨む作戦が見事的中。最大4分以上あった差をじわじわと挽回、最後は逆に2分近い差をつけてゴールに飛び込んだ。

大和で練習専修走好会

 「一般A」では、ゲストランナーとして元旦のニューイヤー駅伝にも出場したプレス工業株式会社陸上部を抑えて、優勝したのが初出場の「専修走好会C」。専修大学の陸上サークルの1〜3年生が「想い出づくりに」と参加。昨年から大和も練習拠点の一つにしており、初出場で2連覇中の「ハートブレイク」を抑え、初優勝を飾った。

 その他、一般Bではテント部が、中学生の部では寺尾中男子Aが優勝した。

 記念大会となった今回は、大会運営に功労のあった7団体と1個人が特別表彰を受けた。受賞者および団体は以下の通り(敬称略)。

▼大和市自治会連絡協議会▼大和綾瀬交通安全協会▼公益財団法人大和市スポーツ・よか・みどり財団▼毎日新聞社▼大和市交通指導員連絡協議会▼神奈川県大和警察署▼大和市災害救護赤十字奉仕団▼本山勇次

一般Aで初優勝した専修走好会(左から)中村貫太さん、金田朋之さん、馬橋陽太さん、米山健太さん、大藤駿哉さん、宮坂和樹さん
一般Aで初優勝した専修走好会(左から)中村貫太さん、金田朋之さん、馬橋陽太さん、米山健太さん、大藤駿哉さん、宮坂和樹さん
(左から)伊藤幹太さん、森側爽風さん、田貝英明さん、久保田千尋さん、福田孝之さん、吉川さん、能渡総監督、林克憲監督
(左から)伊藤幹太さん、森側爽風さん、田貝英明さん、久保田千尋さん、福田孝之さん、吉川さん、能渡総監督、林克憲監督

大和版のローカルニュース最新6

防衛基盤の醸成に寄与

防衛基盤の醸成に寄与 社会

青木市議に感謝状

10月23日号

『半沢直樹』で剣道指導

『半沢直樹』で剣道指導 文化

南林間在住 土田真彦さん

10月23日号

読者プレゼント

読者プレゼント 文化

「秋の終わりのコンサート」

10月23日号

半年遅れの表彰式

半年遅れの表彰式 経済

「お店大賞」受賞店に盾

10月23日号

垂直・分散避難の判断も

地元音楽家がコンサート

コロナ禍の今こそ恩返し

地元音楽家がコンサート 文化

10月31日シリウスで

10月16日号

大和市立病院、職員を募集中

市民のみなさまに信頼される職員を目指して、一緒に頑張りましょう!

https://www.yamatocity-mh.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 5月8日0:00更新

  • 4月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク